読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ミステリ・マガジン「ロアルド・ダール生誕100周年特集」が素晴らしい。

Mystery Magazine
スポンサーリンク

僕は、ミステリ・マガジンを毎号購入している。

いつもだと、買っても積ん読にしていることが多いから、「毎号購入者」ではあるけれど、「定期購読者」とは言い難い状態だった。

だから、このブログのエントリーでも、読み切れない言い訳ばかりしているのが常。

しかし、今回は、違う。

f:id:ICHIZO:20160809040841j:plain

大好きな、ロアルド・ダールの特集だからだ。

 前号の予告を見て以来、ずっと楽しみにしていたので、もちろん、先月の発売日*1に購入。

それ以降、毎日と言っていいぐらい、目を通している。一気に読んでしまいたいのだけれど、もったいなので、じっくりと少しずつ読み進めているのだ。

今回は、生誕100周年記念特集ということで、実に充実した内容になっている。

超名作の「南から来た男」「おとなしい凶器」の再録に加え、初訳作品(!)が2篇、新訳作品が1篇。山口雅也のトリビュート短編。圧巻の《資料と研究》。

まさに、ダールファンにとっては、永久保存版と言える内容になっている。

これを読んでいたら、また、ダールの作品を次々と読み直したくなった。

f:id:ICHIZO:20160809040907j:plain

僕が持っている、ダールの短編集。

「あなたに似た人」は、もう、数え切れないぐらい読み返していて、もはや、カバーも見つからなくなってしまった。

この短編集で、前述の「南から来た男」を初めて読んだ時の衝撃は忘れられない。

いやはや、なんというブラックな、後味の悪い短編だろう。

しかし、その後味の悪さが、何とも尾を引く。脳裏に焼きついて離れない。

「おとなしい凶器」や、その他の短編にも驚愕しまくり。僕は、すっかり虜になってしまった。

その後、ヒッチコック劇場で、「南から来た男」の映像版を見て、これまた痺れたことも思い出した。

異色作家短編集(復刻版)が出た時に、興奮して買った「キス・キス」収録作品も、名作ばかりだ。

今回、ミステリ・マガジンの特集に合わせ、「飛行士たちの話」が、新訳版で復刊されたので、それも購入。

「南から来た男」や、「キス・キス」も、新訳版として文庫化されているので、近々買っておこうと思う。

f:id:ICHIZO:20160809041000j:plain

英語本も持っている。

と言っても、原書ではなく、英語学習者用に、平易な文に直したもの。僕にとっては、それでも敷居が高いのだけれど、大好きなダールの作品ならば、読み切れると思って購入。

実際、英語が苦手な僕でも、十分楽しんで読み切れたことを覚えている。

f:id:ICHIZO:20160809041009j:plain

今回の特集に合わせ、あらためて、新訳版の「南から来た男」と、英語版を読み返してみた。

いやはや、何度読んでも、この作品は凄い。素晴らしい。

 

ミステリマガジン 2016年 09 月号 [雑誌]

ミステリマガジン 2016年 09 月号 [雑誌]

 
あなたに似た人〔新訳版〕 I 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

あなたに似た人〔新訳版〕 I 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

 

 

 

*1:ミステリ・マガジンは、奇数月の25日発売なので、7月25日。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ