餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「500MB/月まで無料SIMつき」で「620円」なら、超お得な「デジモノステーション 2016年2月号」

スポンサーリンク

凄い時代になったものだ。

SIMカードが付録についた雑誌は、これまでにも発売になっているけれど、今回、「デジモノステーション」に付属するSIMは、破格だった。

So-net」と「デジモノステーション」のスペシャルコラボSIM。
なんと、月間500MBまでなら、何ヶ月でも無料!というのが実に画期的。1回限りの特典ではないのだ。
500MBを超えたとしても、MAX1,600円までしかかからない。5GBまでは速度制限もない。このあたりの設定が絶妙で素晴らしい。とりあえずこれを買ってみて、まぁ、1,600円ぐらいで済むなら安いと、MAXまで使い倒してしまう人が結構いそうだからだ。
ただ…これが第1のトラップ。
このコラボSIMでは、2GBを超えると1,600円かかってしまうが、既存の格安SIMなら、3GBで1,000円を切るプランが沢山あるからだ。
なのでここは、やっぱり500MB以下に収めて使うのが好ましい。
毎月500MBまでだと、もちろんメイン回線には向かないが、TwitterfacebookなどのSNSやメール利用であれば、全く問題ない。Webサイトにしても、画像の多くないサイトをたまに見る程度ならば使えると思う。
雑誌には、開通スペシャル特典として、デジモノステーションの特別版DLや限定動画公開なども紹介されているが、これもトラップ。こういったものを、コラボSIMで接続してしまうと、あっという間に500MBに達してしまうからだ。
その他、2016年2月24日までに開通手続きが必須、とか、3ヶ月連続してデータ通信がないと自動解約とか、留意しなければいけない点はあるけれど、気をつけて運用すれば大丈夫。
だから、このSIMがついて620円なら、今回の雑誌は断然お得だと思う。620円なら…と書いたのは、既にこの「定価」設定が意味をなさなくなっているため。
ネット書店では発売前に予約で売り切れ続出。amazonマーケットプレイスでは、中古本なのに、定価の3倍となる1,860円で売られている!*1のだから、驚いた。
amazonでは、今、この商品を検索すると、まずKindle版が表示されるので、実に危険。Kindle版の定価は480円で、雑誌版の定価よりも安いが、Kindle本は電子書籍なので、もちろん、SIMカードなどは付属しない。
しかし、「Kindleって何?よくわからないけど安いから買ってみるか」などと、ポチってしまう人がいそうで、ちょっと心配になってしまう*2
ヤフオクにも多数出品。この本に限ったことではないが、こういった転売野郎たちがのさばっているせいで、お買い得な商品があっという間に市場から消え、ぼったくり価格になってしまうのが、どうにもこうにも腹立たしい。
ただ、ネット市場は転売野郎たちの草刈り場になっているものの、まだ、リアルな店舗には残っている可能性がある。
僕は、昨夕、大手書店で数冊の在庫を見かけたし、SNS情報によれば、コンビニなどには残っている場合もあるようだ。
北海道や九州など、地方によっては雑誌自体が本日発売のところもあると思うので、とにかく、書店やコンビニで見かけたら、「すぐ買い」がオススメ。

*1:2015年12月26日現在。昨晩見た時は1,200円程度だったので、まだまだ上がる可能性がある。

*2:まぁ、Kindleを知らなければ、そもそも電子書籍のことがわかってないということなので、そんな人は殆どいないと思うのだけれど…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ