餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

爆安「Xiaomi Mi 11 Lite 5G」開封インプレッション!

スポンサーリンク

いい時代になったものだ。

最新の5G対応スマートフォン、「Xiaomi Mi 11 Lite 5G」が、たった20,000円を切る価格でゲットできるなんて。

Mi 11 Lite 5Gは、定価の43,800円でも、超絶コスパ状態だというのに、その半額以下で購入できるのは、夢のような話だ。

f:id:ICHIZO:20210812012320j:plain

Mi 11 Lite 5G | 格安スマホセット | OCN モバイル ONE |

OCNモバイルONEは、本当に凄い。

発売記念セールでは瞬殺になってしまったけれど、それから1ヶ月たった今は、そのセールよりさらに700円安く、しかも、簡単に入手できるようになった。

これは買わずにいられない。

別途初期手数料(3,000円)がかかるし、音声対応SIMの回線契約も必要だけれど、大手キャリアと異なり、格安プランでの契約も可能というのが大きなポイント。

月10GBプランでも、税込1,760円で契約でき、月1GBプランなら税込770円しかかからない。

サブ端末として所有するなら、本当にお得だ。

僕は、乗り換え可能な音声対応SIMがあったので、それを使ってMNPしたが、新規契約でもこの価格だというのだから、驚くばかり。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20210812013145j:plain

先週僕は、これをゲットした。

今更ながらではあるけれど、僕なりに開封インプレッションをご紹介させていただこう。

f:id:ICHIZO:20210812013324j:plain

パッケージ内容。

試供品ということで、沢山のアイテムが付属しているのが、Xiaomi製品の素晴らしいところ。

最近のスマホは、ACアダプタや充電ケーブルなどが付属しないケースも多いのだが、これらを別途に購入すると、それなりに費用がかかるので、標準添付は嬉しい。

f:id:ICHIZO:20210812013626j:plain

外箱を開けてみたところ。ずっと欲しかった本体のお目見えだ。胸が躍る。

f:id:ICHIZO:20210812013925j:plain

ACアダプタと、USB Type-Cケーブル。もちろん、高速充電に対応している。

f:id:ICHIZO:20210812013753j:plain

なんと、専用の保護ケースまで付属。

それほど高級感のあるものではないが、とりあえず、これで十分という人もいるだろう。

f:id:ICHIZO:20210812014715j:plain

Xiaomi Mi 11 Lite 5G本体。

この写真ではちょっとわかりにくいのだけれど、専用の保護フィルムも貼付済み。

質にこだわらなければ、別途に保護フィルムやケースを用意しなくても済む。

その点も含めると、本当に、コスパに優れたスマホだなぁと思う。

f:id:ICHIZO:20210812015158j:plain

背面。Xiaomi Mi 11 Lite 5Gは3色展開*1となっているが、僕は、ミントグリーンを選択。

爽やかな色合いで、とても素敵だ。

高級感がある…とまではいかないが、安っぽくはない仕上げで、指紋がつかないのも素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20210812015655j:plain

カメラは三眼。

6400万画素 + 超広角800万画素 + テレマクロレンズ500万画素の構成で、この価格としては必要十分といえる。

f:id:ICHIZO:20210812015853j:plain

なんと言っても、この薄さがたまらない。

重量も、160g弱に抑えられており、サイズを考えると驚異的だ。

ということで、僕は本当に気に入ってしまった。

なんだかんだで1週間近く使っているが、僕はもう、このスマートフォンの虜だ。

前述の通り、その定価は¥43,800で、それでも十分コスパに優れた端末だと思うのだけれど、今なら、絶対にOCN モバイル ONE のキャンペーンで手に入れた方が得。

キャンペーンは8月20日までだし、それまでに品切れになってしまう可能性もあるので、気になる人は、早めのゲットがオススメ。

*1:トリュフブラック・ミントグリーン・シトラスイエロー


マラソン・ジョギングランキングへ