餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

今こそ、読書!Kindleシリーズが、最大5,000円オフ&さらに500円オフ!!

スポンサーリンク

東京は、三度目の緊急事態宣言下に入った。

飲食店では、酒類の提供が中止になり、イベントも、軒並み中止や無観客に。

映画館などの遊興施設も、休業を余儀なくされる状態になってしまった。

こんな時代だから、仕方がないことなのだろうけれど、やっぱりちょっと悲しい。

ランナーならば、「走る」ことで若干の憂さ晴らしはできるけれど、ランニングバフは必須だし、コースや対人などにも気を遣う必要がある。

だから今は、できるだけ《家で楽しく過ごす》方法を考えていきたい。

テレビやWeb、YouTube、映画(配信)など、家での娯楽はさまざまあるけれど、僕は、「今こそ、読書」が最高だと思う。

いざ、オンラインに繋いでしまうと、どうしても、コロナ関係のニュースや情報が目に入ってくるからだ。

感染者数が日々増加し続けている今は、それを見るたび暗い気分になる。

しかし、読書ならば、そういったことを忘れさせてくれるので、最高の娯楽だと僕は思う。

もちろん、紙の本でも良いが、僕は今、電子書籍に夢中だ。

昨年秋に入手したKindle Oasisがとにかく最高で、何百冊ものライブラリを、いつでもどこでも快適に読める幸せに浸っている。

Kindle本を読むのは、スマホやタブレットのアプリでも可能。

ただ、スマホやタブレットで読書していると、どうしても、他のことがしたくなってくるし、通知が入ってきたりして、気になる。

しかし、Kindle端末ならば、そういった雑念なく、読書に没頭できるのが大いに魅力だ。

Kindle Oasisは、完全防水仕様だから、お風呂読書が最高に快適。

僕は最近、毎日のぼせてしまうぐらい、読み耽っている。あまりに長時間読み続けたせいでクラクラして、端末を湯船に落としてしまったこともあるほど。

「紙の本」だったら、お陀仏になってしまうところだけれど、Kindle Oasisならば何の問題もない。

僕は、電子書籍の、Kindle Oasisの素晴らしさを実感している。

そんなOasisを含むKindleシリーズが、amazonのタイムセール祭りで格安販売中だ。

f:id:ICHIZO:20210426033149j:plain

【最大5,000円OFF】Kindleシリーズ

Kindle Oasisの5,000円引きを筆頭に、大人気のPaperwhite(これも完全防水仕様)や、無印Kindleも割引販売。

プライム会員ならば、クーポンコード【KINDLEPRIME】を入れることにより、さらに500円引きになる。

Kindle読書が素晴らしいのは、紙の本だと凄いボリュームになってしまうものを、気軽に読み進められること。

村上春樹ファンであれば、紙の本10冊分の内容が、941円で読める「村上さんのところ コンプリート版」が超絶おススメ。

この本は、Kindle版以外の電子書店だと、軒並み2,000円超なのに、Kindle版だけは、なぜか異常に安くなっているからだ。

僕は未だに何かの間違いじゃないかと思っているので、気になる人は、価格が修正される前にゲットしておいた方がいい。

また、先日のエントリーで、ご紹介させていただいた、「ザ・シェフ」シリーズもお勧め。

コミック40冊分の内容が660円で読めるというのは、実に素晴らしい。

「ザ・シェフ」の内容は、未だに古びていないし、1話読み切りでありながら、全体を通して繋がっている物語でもあるため、いつでも読み直しができるのは大いに魅力だ。

紙の本は再販制度に守られており、基本的に価格は変わらないが、電子書籍の価格は変動相場なので、「安い時に買う」のが鍵。

Kindle端末もコンテンツも安い今は、本好きにとって、天国と言える状況なのではなかろうか。

巣ごもり状態の憂鬱を、気楽な読書で癒やしてもらおう。

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 電子書籍リーダー

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 電子書籍リーダー

  • 発売日: 2019/07/24
  • メディア: エレクトロニクス
 

マラソン・ジョギングランキングへ