餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

巨大地震の《前震》でないことを祈りつつ、「備えなければ…」と思った未明

スポンサーリンク

怖すぎる。

f:id:ICHIZO:20200506023811j:plain

5月4日、夜。

f:id:ICHIZO:20200506023825j:plain

そして。5月5日深夜(5月6日未明)。

地震情報 2020年05月06日 01時57分頃発生 最大震度:4 震源地:千葉県北西部 - 日本気象協会 tenki.jp

日付的には4日と6日だが、実感的には、ほぼ2日連続となる地震。

4日は外房。そして、今日は内房が震源地だ。

地震の一瞬前には、4日と同様、僕の家じゅうに緊急地震速報が鳴り響いた。

f:id:ICHIZO:20200506024606j:plain

僕の場合は、3台まとめて鳴るので、強烈だ。

昨日、こんなエントリーを書いたばかりだというのに、またしても速報が鳴るなんてなぁ…。

僕は東京に住んでいるのだけれど、4日の地震は「ぐらっ」という感じだったが、今日の地震は、「ドカン」という感じだった。

僕は、この揺れと音で飛び起き、すっかり目が冴えてしまった。

ということで、このエントリーを書きながら、Twitterのタイムラインを眺めていたところ、そこで、《5月11日大地震説》が流れていることを知った。

僕は、どうせまた、「トンデモ情報」だと思い、スルーするつもりだったけれど、動画を見て驚愕。

f:id:ICHIZO:20200506032818j:plain

【人生が変わる18分】2020年5月11日巨大地震のシグナルはこれだ!【南海トラフ地震】【首都直下型地震】

発信者の石井貴士氏は、元アナウンサーで、80冊以上の著書があり、ベストセラー作品もある作家。

だから、怪しい人などではないだろうし、その発言は信用できる気がした。

経歴はともかく、この動画を見れば、怪しい人でないことは納得してもらえると思う。

僕は、「何という説得力だろう」と感服し、まさに、18分間見入ってしまった。

石井氏は、「5月6日以降に地震が起きたら、それは、5月11日大地震の《シグナル》だ」と言う。

いったいなぜ、5月11日なのか?という根拠については示されていないが、「大地震の寸前には、《前震》がある、だから、5月6日以降に地震が来たら、5月11日は危険」という論理。

そして実際、5月6日に地震が起きてしまったから、恐怖が募る。

単なる偶然に過ぎない…という見方も、もちろんあるだろう。

また、この人は地震の専門家ではないので、信用できないと思う人もいるだろう。

でも、僕はなるほどと思ったし、感服もした。

現状発生している「コロナ問題」と絡めた部分の解説、対策が、実に的を射ていると感じたからだ。

今、もしも、この状況で大地震が起きたら…。

避難所での三密状況は避けられず、クラスターになることは必至。

おまけに、医療機関も、(コロナだけでも大変なのに)地震の被害者を受け入れられる筈がない。

だから、「自分で自分の身を守る」ということが何より重要になるのだ。

そのために、万全の対策、心づもりで臨むべきだろう…と、僕は思った。

動画のタイトルでは、【5月11日巨大地震】となっているけれど、それはあくまで《例》であることがわかった。

石井氏は、「前震の約2日後が危険」と説き、「5月9日に前震が来た場合は、5月11日に本震の可能性がある」と言っているだけなのだ。

もしも今日、5月6日の地震が前震だとしたら、5月8日に発生する可能性がある。

また、もしも5月4日から前震が始まっていたとすれば、今日の夜に大地震が起きたっておかしくないのである。

石井氏の唱える説は、あくまで、過去の例を参考にした《推論》であり、裏付けも根拠もない。

しかし、地震大国日本では、いつ大地震がおきても不思議はないし、それが、今、コロナ騒動の渦中で起きたら…と思うと、僕は身震いしてしまう。

石井氏は、この動画以降も、地震に備える関連動画を連日アップロードされているようなので、それらも参考にしながら、気を引き締めていきたいと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ