餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Garmin ForeAthlete 920XTJ→745」乗り換えで一番感動したこと

スポンサーリンク

僕が、Garmin ForeAthlete 920XTJを購入したのは、2015年の春。

当時、920XTJは、Garminシリーズのフラッグシップだった。

だからこそ、今でもまだ、現役で頑張っていられるのだとは思う。

けれど…やはり5年半も経つと、見劣りが多くなる。

僕は、Garmin ForeAthlete 745を使い始めてみて、それを実感している。

745は、700番台の型番なので、900番台のモデルよりも、格的には、ワンランク下に位置付けられる。

しかし、Garmin ForeAthlete 745は、(900番台の最新モデルである)945と比較しても、バッテリーの持ち以外は、遜色がない。

さらに、745はSuicaにも対応するし、(購入先着2,500人には)Garminの特製マスクまでつく。

これは、945で得られないメリットだ。

だから僕は、買うっきゃないと思ったし、もちろん、予約してゲットした。

このマスクは想定以上に素晴らしかったので、もしも量販店などに「マスク付き」が残っているようであれば、早めのゲットをおすすめしたい。*1

そんなマスクをつけながら、僕は、昨日ようやく745デビューをした。

ゲットしてすぐに使い始めるつもりだったのだけれど、いろいろと忙殺されていたし、とりあえず、単に走るだけなら「920でも困らない」ため、後回しになっていたのだ。

しかも、最近はシャワーランばかりだったから尚更。

745は完全防水なので、雨の日に使ってもなんら問題はないのだけれど、折角ならば、天気の日にデビューさせたいじゃないか。

ということで、僕は昨日、各種設定を行って、745で走ってみたものの、その操作には大きく戸惑った。

920と745は、同じGarminシリーズではあるが、筐体のボタン配置も、設定メニューも大きく異なっていたからだ。

ただ、745の機能は、本当に素晴らしかった。

920からの進化っぷりがハンパじゃなく、僕は、「こんなことも」「あんなことも」できるのか!と感服しまくり。

僕は、それを使いこなせているとはいえないので、機能面の詳細については、あらためて書かせていただくことにしよう。

僕が、今回の乗り換えで感動したのは、機能面だけじゃない。

筐体デザインの変化にも痺れた。

f:id:ICHIZO:20201012031032j:plain

でかくてゴツい920に対して、745はスリムでシャープ。黒一色の筐体も実に格好いい。

デザインについては、好みの問題もあるので、異論もあるだろう。

中には、「でかくてゴツい方が、男っぽくていいじゃないか」という人もいるかもしれない。

しかし、筐体の変化により、明らかなメリットも発生している。

重量の軽減だ。

f:id:ICHIZO:20201012031112j:plain

920XTJが、約61gなのに対して…。

f:id:ICHIZO:20201012031139j:plain

745は、47gしかない。

たった14gのマイナスであるが、されど14g。

Garminは、腕にとりつけて使う物なので、軽ければ軽い方がいいに決まっている。

腕への負担ということを考えると、14gの違いはあまりにも大きい。

僕は、「こんなに軽いのか!」と驚いてしまったほど。

745は、920が有していない心拍計を内蔵しているので、日々の心拍数を常にチェックできる。

睡眠データも測定することができるので、就寝時に負担を感じさせないことが重要。

だから、この軽さは本当に素晴らしい。

あぁ、本当に、乗り換えて良かった。

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: スポーツ用品
 

*1:現在、Webで入手できるものは、マスク無しである可能性が高いが、10/12現在でも、唯一ここだけは、Magma Red(赤)のみ、マスクつきの在庫が残っている。


マラソン・ジョギングランキングへ