餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

最新最強の「Garmin ForeAthlete 745」で、ランニングライフが変わる!

スポンサーリンク

Garmin ForeAthlete 745は、心拍計を搭載している。

そのため、単体で、心拍に基づくさまざまな測定を行ってくれる。

f:id:ICHIZO:20201017190918j:plain

f:id:ICHIZO:20201017192241j:plain

睡眠の質やアクティビティも勘案して、BodyBattery(身体に蓄えられたエネルギーの値)や、ストレスレベルを測定。

心拍計を搭載しているGarminは、他にも多数あるが、睡眠中も含め、日常的にGarminを利用するとなると、《バッテリーのもち》と《装着時の重量》が大きなポイントになる。

745は、235よりもバッテリーが断然持つし、945よりも断然軽い。

745のスペックと筐体のバランスは、日々のライフログ測定において、最強ではないかと思う。

もちろん、ランニングと連動した測定も行ってくれるので、トレーニング効果が可視化出来るのは魅力だ。

f:id:ICHIZO:20201017192313j:plain

これまで僕は、ダラダラとしたランばかりを繰り返していたのだけれど、心拍との連動効果を確かめるために、ちょっとだけスピード練習も行うようになってきた。

これも、Garmin ForeAthlete 745に乗り換えた大きなメリットだ。

そんな745から、僕に突然のアドバイスが届いた。

一昨日。

いつものように、夜明けランに出発するべく、Garmin745のSTARTボタンを押すと、こんな画面が出現。

f:id:ICHIZO:20201017182129j:plain

「休息」表示だ。

僕は一瞬迷ったが、折角ランニングスタイルに着替えて、外に出ているのに、今更家には戻りたくない。

ということで、無視していつものように夜明けランを敢行。

ランを終えると、こんな表示が現れた。 

f:id:ICHIZO:20201017182114j:plainリカバリータイム、43時間…。

何としても休め、ということか。

しかし僕は、昨日も休まずに夜明けランへ出ることにした。745のボタンを押すと、前日同様「休息」表示が出たが、無視。

ランを終えた後、Garmin connetにアクセスすると…。

f:id:ICHIZO:20201017193837j:plain

オーバーリーチ。「低強度の有酸素運動の不足」とのこと。

昨日はスピードにこだわらず、ダラダラ走っていただけだし、心拍数も上がっていなかったのになぁ…。

ショックだったのは、VO2 Max(最大酸素摂取量)の数値が下がってしまったこと。

この数値は、レースタイムに直結するので、それがダウンしたのは「今の練習スタイルが良くない」からだろう。

ということで、僕は、Garminの指示に従ってみることにした。

Garmin ForeAthlete 745のアドバイスに、僕のランニングライフを委ねてみよう。

ひとまず今日は、リカバリータイムをとるため、休足日に。

ここ2ヶ月間、1日も休まずに走り続けてきたけれど、 まぁ、今日は雨だし、休む理由にはなりそうだ。(僕は、基本的に、雨でも雪でも走るんだけれどw)

ただ、無目的に休むだけでは身体が鈍るだけなので、明日以降は、VO2 Maxの回復を目指して頑張っていきたい。

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: スポーツ用品
 

マラソン・ジョギングランキングへ