餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

別大マラソン事務局から届いた、サプライズプレゼント

スポンサーリンク

別府大分毎日マラソンは、僕にとって、とても思い出深い大会だ。

かつては、4年連続して出場。

自己ベスト(3時間20分)を出した感動の大会でもあるし、完走しながらタイムアウトになった痛恨の大会でもある。

今の僕は、すっかりヘタレになってしまっているため、再出場など夢のまた夢。

もう、一生別大に絡むことはできないだろうなぁ…と思っていたのだけれど、そんな僕に神様はチャンスをくださった。

コロナ禍の影響により、例年2月1週に開催される筈の、「ガチ」な別大マラソン2021は中止。

その代わりに、「超ユルユル」なオンラインマラソン、別大チャレンジ2021が実施されることになったからだ。

それを知った時、僕は、大いに心が揺れたが…。

結局、参加を決めた。

どうせ参加するのなら…と、僕は、「別大コースの一部を走ってみよう」という主旨の《宿泊パック》に申し込むことにした。

僕は、2月の下旬にスケジュールを設定し、「別大コースの思い出に浸って走り、別府温泉に泊まって、湖月の絶品餃子で餃ビーする」という完璧な計画を思い描いていた。

別大チャレンジの完走条件は、2月上旬にあっけなくクリアし、あとは別府に行くだけ…と思っていたのだけれど…。

緊急事態宣言の延長により、断念せざるを得なくなってしまった…。

《宿泊パック代金》のうち、ホテル代は返金してもらえたし、JALのキャンセルも特例により手数料無料で対応してもらえた。

だから、損はしていないのだけれど、「やっぱり行きたかったなぁ…」という思いは、日増しに募るばかり。

そんな気分でいた僕に、サプライズがやってきた。

先週末。土曜日。

土砂降りの雨が降りしきる中、家で引きこもっていると、玄関のチャイムが鳴った。 

ヤマト運輸の宅急便がやってきたのだ。

配達員の人が届けてくれたのは、「おおいたからの贈り物」だった。

f:id:ICHIZO:20210314193927j:plain

配達員の男性は、僕にそれを手渡すと、「すぐに冷蔵庫へ入れて下さい」と言った。

クール宅急便。

差出人は《別府大分マラソン事務局》ということで、僕は、すぐにその内容物が思い当たった。

これは、「別大チャレンジ2021」の開催要項に記載されていた《5,000円相当の大分県特産品》に違いない、と。

この特産品は、別大チャレンジ2021の申込者に対して、抽選で当たるものとなっていたが、普段僕はクジ運が悪いので、全く期待していなかった。

だからこれは本当に驚いたし、そして、とても嬉しかった。

早速開封してみると…。 

f:id:ICHIZO:20210314193946j:plain

冠地どり岩塩焼き。これが4袋も入っていた。

どうやら、大分ブランド地鶏のようだ。

僕は鶏肉が好きではあるが、高級な地鶏を食べるほどのこだわりはなかったので、こういう機会でもないと、無縁の食べ物だったろう。

だから、とても嬉しい。

f:id:ICHIZO:20210314194059j:plain

パッケージの裏面には、地鶏の詳しい内容が記載されていた。

いやはやこれは、実に美味しそうではないか。

《お召し上がり方》の部分には、「お好みで大分県特産かぼすをしぼってご賞味いただくと、さっぱり風味よく楽しめます。」と書かれているが、親切なことに…。

f:id:ICHIZO:20210314194115j:plain

大分かぼすまで一緒についてきた。最高すぎる。

この特典について、別大マラソンのWebサイトに、詳しい内容が紹介されていた。

発送の様子を伝える写真を眺めていたら、あらためて、それが自分のところに届いた感激がこみ上げてきた。

いやぁ、本当に感謝、だ。感謝しかない。

この恩に応えるため、来年(再開される筈)の「別大マラソン2022」に、何とか出場したいところなのだけれど、今の僕には、出場資格がないんだよなぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ