餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

今更振り返る、悔恨の北海道マラソン2017

スポンサーリンク

スタート1分前。

f:id:ICHIZO:20170908200024j:plain
気温は24℃。

一般的なマラソンレースとしては高いが、「北海道マラソン」としては、ごく普通。

途中は日が陰って、涼しいと感じる時もあったほどで、暑さは言い訳にならないような気がした。

では、なぜ、僕は思うように走れなかったのか。自分なりに考えてみた。

1週間以上、いろいろと考えて、思い悩んでみて、7個の失敗要素が見つかったので、来年同じ轍を踏まないように、自分用の覚書として書き残しておこうと思う。

なんと言っても最大の理由は…。

1.練習不足

これに尽きる。理由を1つだけあげるなら、これしかないと言ってもいい。

マラソンは、とっても正直なスポーツだから、練習の内容は、しっかりとレース結果に直結する。

僕は、毎日それなりに走ってはいたから、距離だけはそこそこ稼げているものの、スピード練習が絶対的に足りなかった。

サロマ以降続いている、尾てい骨の痛みが引かず、結局、それを言い訳にして、練習時のスピードを上げられなかったのだ。

これまでの北海道マラソンは、毎年3時間半前後で走れていたから、同じような結果を残したいならば、キロ5分ペースでのロングラン練習は必至。

しかし、今年は、それが殆どできなかった。

自力でできないなら…と、峠の力を借りて何とかしようと思ったのだけれど、あの急激な下り坂をもってしても、キロ4分42秒が最速というていたらく。

こんな甘すぎる練習内容で、走れると思っていた自分が馬鹿だった。

 2.ペース配分の失敗

絶対的にスピード練習が不足していたにも関わらず、僕は、レースの高揚感に呑まれてしまった。

前半は、抑えめにいこうと決めていたのに、なぜか、キロ5分を切るペースで走ってしまっている。

そして、その時は、もしかしたらそのまま行けるかも!などと思っていたのだから、暢気なものだ。

しかし、レースペースの練習がまるでできていなかった今年の僕には、それが大きく応えた。

案の定、10km過ぎから失速開始。一番頑張らなければいけない新川通で、ペースがダウンしまくり。

とうとう、キロ6分ペースまで落ちてしまった。

f:id:ICHIZO:20170908202241j:plain

実に情けないラップだ…。

今回は、スピード練習が足りないことを踏まえ、当初からもっと抑えて走れていれば、ここまで落ち込むとはなかったんじゃないかと思う。

3.向かい風に弱い体質

新川通に入って、急にラップが落ちた理由は、ペース配分の他にも、もうひとつある。

往路の向かい風だ。

一昨年の北海道マラソン。この復路で、延々と続く向かい風に苦しめられたことを思い出す。

そう、僕は向かい風に弱い体質なのだ。

マラソンにとって、一番の敵は、暑さでも寒さでも雨でもなく、風、だと思っているぐらい、僕は向かい風が好きではない*1

今回は、そんな一昨年に比べればたいしたことない風だったのだけれど、練習不足の身体には、とても応えた。

 今後は、向かい風対策の練習を強化しなくちゃなぁ…。

もちろん、そのときのB.G.Mは、これw

4.トイレロス3分…。

新川通では、トイレロスもあった。

僕は、トイレが近いたちではあるのだけれど、これまで6年間の北海道マラソンでは、トイレに入ったことがなかった。

その暑さゆえに、水分が汗で放出されるからだと思うけれど、今年は、そんな汗が足りなかったのかもしれない。

それと、加齢ゆえに、トイレを我慢する力が弱くなっているということも大きいだろう。

15km過ぎから、トイレに行きたくて行きたくてたまらなくなり、それも、スピードダウンの一要因になったと思う。

ただ、北海道マラソンは、全体的にトイレの数が多くなく、どこも行列だったので、できる限りロスタイムをしたくなかった僕は、我慢に我慢を重ねて走った。

26kmの折り返し地点直前で、1人しか並んでいないトイレがあったので、そこに入ることに決め、ほどなく小用を足せたのだけれど、ロスタイムは3分。

しかも、そこで崩してしまったリズムは、もう、戻ることはなかった。

レース前1週間は、アルコールを控えたりして、気を遣っていたんだけれどなぁ…。

5.給水のとりすぎ

これは、今から思えば…ということなのだけれど、とにかく僕は、給水をとりすぎた気がする。

2.5km置きに配置されるすべての給水所に寄って、水をかぶりまくったし、スポーツドリンクも飲みまくった。

北海道マラソンの給水所は、とにかく感動的なくらいテーブルが続くので、給水が足りなくて困る、ということはまずない。

そして、僕は、毎年その給水所に大いに救われていたので、今年も意識して、水分を、過剰ともいえるくらいとりまくった。

しかし、それが誤算だったのかもしれない。

今年の北海道マラソンは、そんなにかぶりまくったり、呑みまくったりするほど、暑くなかったのだ。

日陰になって風が吹いているときは、「涼しい」と感じるような部分もあったのに、それでも僕は、馬鹿の一つ覚えみたいに、給水所にたどり着くと、いつものような水分まみれの状況に浸った。

結果的には、それが身体を冷やし、トイレロスにも繋がったんじゃないかなぁという気がしている。

6.右足親指痛…。

レース前日まで、いや、当日の朝も気になっていた尾てい骨の痛みは、不思議なことに、走り始めたらそれほど気にならなかった。

身体がレースモードに切り替わったせいなのかもしれない。

そういえば、一昨年のかすみがうらでも、レース前々日に負った肋骨痛をこらえながら、しっかり走れた

その代償で、レース後半月ちかくランを休んでしまったが、それでも、レースの時は大丈夫だったのだ。

だから、僕は今回も、何とかレース中は大丈夫だろうと思いながら走っていたが、後半、別の痛みで苦しむことになった。

右足の親指だ。どうにもこうにも痛い。痛すぎる。そしてこれは、なぜか我慢がきかなかった。

その理由は、すぐに思い当たった。

もともとほつれかけていた、ランニングソックスの親指部分が切れてしまったのだ。

だから、つま先が直接シューズの中に当たり、さらに僕は、爪を切っていなかったため、スピードを上げようとするたびに痛んだ。

これについては、完全な準備段階の失敗。

まともな靴下を新調しておくべきだったし、当然、爪は切っておくべきだった。

今後は、同じ轍を踏まないように、十分注意したい。 

7.餃子ローディングできなかった!

レース前日は、ラン仲間とラムしゃぶに酔いしれた。

f:id:ICHIZO:20170909074930j:plain

しゃぶしゃぶはとっても美味しく、しかも食べ放題だったので、僕は思いっきり食べまくってしまった。

ラン仲間との話も楽しく、最高の夜を過ごすことができたのだけれど、ひとつだけ、誤算があった。

お腹いっぱいになるほど、しゃぶしゃぶを食べてしまったため、レース前日の餃子ローディングができなかったのだ。

何とか少しでも餃子を食べようかとも思ったが、ホテルに帰るまでの間、胃が苦しい状況になっていたので、流石に無理だと決断。結果、その判断が仇になった。

僕はなんたって餃子ランナーなので、レース直前には、餃子を食べて身体を整えるのが常。

過去の北海道マラソンにおいても…。

しっかりと餃子ローディングを行った年は、いい結果を出せている。

仲間と食べたり呑んだりした年も、そのあと、自分なりに別途餃子を補給したりしたので、完全に「餃子ロス」で臨んだ北海道マラソンは、今年が初めてだった。

だからこれは、僕にとって、大きな敗因のひとつであることは間違いない。

せめてエイドに餃子があれば、もう少し頑張れたと思うんだけれどなぁ…。

*1:思い返せば(思い返したくないけど)今年のサロマでも、氷雨混じりの猛烈な向かい風が吹いていたんだよなぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ