餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

全「中島みゆき」ファン必携必読!オフィシャルデータブックが凄すぎる。

スポンサーリンク

完璧…としか言えない。

f:id:ICHIZO:20200202080934j:plain

アーティストファイル 中島みゆき オフィシャル・データブック[2020年改訂版]

僕は先週ゲットして、それ以来、暇さえあれば眺めて読み耽り、感嘆しまくっている。

それぐらい、痺れっぱなしの1冊だ。

税込2,530円もするから、ソフトカバーの単行本としては、若干高いように思えるかもしれない(僕も購入前はそう思った)が、その内容を考えれば、逆に、安すぎる。

目次を眺めるだけでも圧巻。

  • ストーリー1
  • バイオグラフィー
  • アルバム・ガイド
  • コラム1 クリスタルディスク・リマスタリングBOX
  • エクストラ・アルバム・ガイド
  • シングル・ガイド
  • ブック&CD-ROM・ガイド
  • ストーリー2
  • ビデオワーク・ガイド
  • コラム2 オフィシャル・ファンクラブ『なみふく』と『でじなみ』
  • 詞・曲提供楽曲・ガイド
  • コラム3 RESPECT LIVE CD『歌縁(うたえにし)』
  • 海外アーティストによる主なカバー・バージョン・リスト
  • コラム4 ラジオ・パーソナリティ番組一覧
  • ストーリー3
  • ツアー&夜会・リスト
  • 曲目インデックス

1975年のデビューから2020 年初頭までの、みゆきさんの《全活動》を網羅。

アルバムやシングルの全曲紹介のみならず、他シンガーへの提供曲情報や、ビデオWork、著書、コンサートツアーや夜会の曲目リストまで掲載。

各項目の内容も、単なるデータ紹介にとどまっておらず…。

f:id:ICHIZO:20200202081215j:plain

みゆきさんの専門研究家における、詳細なレビューつき。

これ1冊を読み終えれば、アーチスト中島みゆきのヒストリーを、手に取るように掴むことができる。

まさに、完璧すぎるクロニクルだ。 

この本は、もともと、1998年に発行された本を原版にしている。

f:id:ICHIZO:20200202081553j:plain

中島みゆき (地球音楽ライブラリー)

僕はこれを、発売直後にゲットしていたが、思えばもう、それから20年以上経っている。

その後、改訂版も出たことはチェックしていたものの、僕は、あえて買わなくてもいいだろうと、見送ってしまっていた。

しかし、まさかここまで進化しているとは思わなかった。原版に比べ、本のサイズが大型化(新書サイズ→B6サイズ)。

それに伴い、掲載されているジャケット写真や活字も大きくなった。

僕は、悲しいかな、最近細かい文字が読めなくなってきているため、この進化は大いに歓迎だ。

そしてもちろん、改訂版には、20年以上の歴史が加わっている。

何しろ、僕が持っている1998年版には、まだ「地上の星」も、「麦の唄」も、「慕情」も掲載されてはいないのだ。

あらためて、アーティストととしての、みゆきさんの息の長さ、凄さに感服するばかり。

まさに、全「中島みゆき」ファン、必携必読のデータブック。超オススメ。


マラソン・ジョギングランキングへ