餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

JGCはマラソンだ!

スポンサーリンク

昨晩帰宅すると、JALグローバルクラブ(JGC)事務局からの手紙が届いていた。

f:id:ICHIZO:20191024035252j:plain

封筒を手に持ってみると、その中に、ちょっと固いものが入っている感触を感じた。

単なるお知らせではなさそうだったが、カードの更新時期でもないし、プレゼントなどを応募した記憶もない。

一体何だろう?と思いながら開封してみると…。

f:id:ICHIZO:20191024035409j:plain

旅行鞄につけることのできる、タッグが入っていた。

添えられていた案内文によると、「JGC特製タッグ」とのことだった。

どうやら、僕がJGCに加入してからの国際線搭乗マイル数が、15万マイルに到達したとのことで、そのお祝い品ということらしい。

実用的に《持っていて便利》というタイプのものではないけれど、でも、やっぱり嬉しかった。

マラソンレースで言えば、完走メダルのようなもので、僕にとっては大きな勲章だ。

f:id:ICHIZO:20191024040739j:plain

シルバーのプレートに輝く「JAL GLOBAL CLUB」のロゴ。そして、その下に輝く星。

JGCへの入会後、通算国際線15万マイルもしくは国内線300回達成が、★をもらえる条件となっており、僕の場合は、国際線搭乗でクリア。

記念品に添付されていたリーフレットによると、今後も、JALでの搭乗を重ねていくと、そのマイルストーン毎に、記念タグがもらえるようだ。

星の数も1つづつ増えて、最終的にはFive Starまである。

僕は、ランナー的な目標として、Six Star Finisher*1を目指しているので、このあたりも、マラソンに似ているなぁと思った。

ただ、JGCのFive Starを達成するためには、マラソンのSix Star Finisherよりも、さらに厳しい道が待っている。

今回、僕は、15万マイルに到達して★をもらったが、その先は…。

f:id:ICHIZO:20191024041157j:plain

★★通算国際線25万マイル or 国内線500回達成

★★★通算国際線50万マイル or 国内線750回達成

★★★★通算国際線75万マイル or 国内線1,000回達成

★★★★★通算国際線100万マイル or 国内線1,250回達成

いやはや、僕にとっては実に厳しい道程だ。

僕がJGCに入会したのは、2013年のこと。

長いJAL修行を経て、ようやく獲得できた資格だから、とても嬉しかったが、それからもう6年もの月日が流れている。

6年かけてようやく15万マイルなので、1年あたり2.5万マイル。

今後も同じペースで搭乗したとすると、次の目標である25万マイルを達成するためには、あと4年。最終目標である100万マイルを達成するためには、あと34年(!)かかる計算になる。

いやはやこれは本当にマラソンだ。それも「超」ウルトラマラソン。

果たして、僕が生きているうちに達成できるだろうか…。

僕の場合、海外出張などはないし、休暇もとりにくいので、今の環境が変わらなければ、マイルを増産することは困難。

海外のマラソンに行く機会をもっと増やせれば、マラソンを楽しめて、かつ、マイルも貯まるので一石二鳥なのだけれどなぁ。

人生はマラソンだ!

人生はマラソンだ!

 

*1:ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨーク、東京の6大会全てを、各大会の制限時間内に完走したランナー


マラソン・ジョギングランキングへ