餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Unihertz Titanは、日本の倉庫から発送するよ!」と言われたので…。

スポンサーリンク

いよいよ発送の時期が迫ってきた(らしい)Unihertz Titan.

f:id:ICHIZO:20191023041049j:plain

クラウドファンディングの支援元であるKickstarterからは、定期的に、プロジェクト進捗のお知らせメールが届く。

僕はそれを、つらつらと(微笑ましく)読み流すことが多いのだけれど、昨日届いたメールは、読み捨て厳禁の内容になっていた。

お知らせメールの冒頭には、大きな文字で以下のように書かれていた。

To complete your shipping information!

shippingとは「発送」という意味だから、いよいよ商品出荷の時期が近づいているのだなぁと思う。

そして、それにあたり送付先情報を完成(complete)させる必要があるようだ。

僕は、一瞬「ん?」と思った。

1ヶ月前に届いたお知らせメールに従い、送付先となる僕の住所は、登録済みだったからである。

いったい何が不足していたのだろう?と、思いながら本文を読み進めていくと、その理由がわかった。

以下のくだりだ。

Also to avoid extra customs for Chinese and Japanese backers, we will ship rewards from China and Japan warehouse.

According to the request of the local courier, we need the shipping information in Chinese and Japanese.

簡単な英語なので、こんな僕でも、だいたいの意味はわかったが、念のため翻訳ソフトで訳してみると、以下の内容だった。

また、中国や日本の支援者に余分な関税がかからないように、中国や日本の倉庫から報酬を送ります。

現地の宅配業者の依頼により、中国語と日本語の配送情報が必要です。

このメールにおいて、「rewards=報酬」とは、すなわち、Unihertz Titanとのこと。

なんと、Unihertz Titanは日本の倉庫から発送されるようだ。そのため、日本語の配送情報が必要ということらしい。

僕はちょっと驚いた。

Unihertz Atomを支援した時は、シンガポールからの国際便で発送されてきた*1から、僕は、今回も当然、同じように海外から送られてくるものだとばかり思っていたのだ。

しかし、今回は、日本の倉庫から発送になるという。

もちろん、Unihertz Titanの生産が日本で行われるわけではないと思う。

 Titanは、まず、海外の生産工場から一括で日本の倉庫に納品され、そこから日本の支援者に届ける、という流れになるのだろう。

これは、それだけ日本人の Titan支援者が多いという証だ。

そう言えば…。

僕は、ふと思い出して、送付先登録時のお知らせメールを確認してみた。

そのメールは、英語の長文だったのだけれど、以下の部分だけ日本語で書かれていたのだ。

Also, Japan's Backers please fill in the address with Japanese, thanks! 日本人の支援者は日本語の郵送先をご記入ください。

僕は、このメールを受け取った時、その意味がよくわからなかった。

住所登録するためのページも、全体が英語で書かれていたため、僕は、そこに日本語を入れることに抵抗があった。

だから僕は、英語で登録。

「どうせ海外から送られてくるんだし、英語で入れておけば間違いないだろう」と思ったのだ。

しかし、それが間違いだった*2とは。ちょっと驚いた。

今回届いたメールには、日本語の住所登録用として、以下の内容が書かれていた。

Japanese address:

お名前:
通り(street):
都市名:
県名:
郵便番号:
国名:
電話番号:

どうやら、これに内容を埋めて返信すればいいようだ。

ということで、早速、日本語での住所を入れて返信。

僕は、大いに安心し、そして、Unihertz Titanへの期待がぐんと高まった。

日本の倉庫から発送されると言うことは、すなわち、発送されたらすぐに到着する、ということになるからだ。

海外からの送付だと、発送されてから到着まで時間がかかるのが常だし、 《謎の足止め》を食らう可能性もある。

しかし、Unihertz Titanは、その心配が不要。

いやはや、発送される日が待ち遠しい。

*1:Unihertzは中国の会社だけれど、Atomの初回生産工場がシンガポールだった…ということなのだと思う。

*2:今回届いたメールには、住所登録が間違っている支援者のリストが添付されており、僕の支援番号は、その中に入っていた。


マラソン・ジョギングランキングへ