餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

関屋記念

スポンサーリンク

夏を彩る華やかなマイル重賞。
…の筈だったのだけれど、サマー2000シリーズにも、サマースプリントシリーズにも含まれないレースであるため、今一つ盛りあがりに欠ける気がしてならない。
とはいえ、何だか手薄な感じのマイル路線に新星が誕生する可能性もあるから、目を離せない重賞だ。近年の勝ち馬を見ると、カンパニー、マルカシェンク、スマイルジャックといった差し脚自慢の馬たちが猛烈な脚を繰り出して、突き抜けている。
ということで、33秒台の猛烈な脚で突き抜けそうな馬を探した。候補は3頭。スピリタス、セイクリッドバレー、ムラマサノヨートーだ。
勝つのはこのうちどれかとみた。2着、3着候補は目移りするが、複勝候補となると、必ず先行して粘る馬が1頭は入っている。それも5歳馬が多い。となると、タマモナイスプレイとレッツゴーキリシマか。
ということで、スピリタス、セイクリッドバレー、ムラマサノヨートーを1着固定、複勝圏の軸として、タマモナイスプレイ、レッツゴーキリシマを入れた3連単フォーメーションで勝負。その他に買うのは、キャプテンベガ、マイネルクラリティ、エフティマイア、フローライゼ、リザーブカードあたり。
1着固定馬が3頭もいる割に買い目が多すぎるような気がしないでもないけれど、3連単の時は、買い目を抑えると後で後悔することが多い。強気で攻める。


マラソン・ジョギングランキングへ