餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

歓喜と感謝のSamsung Cafe Blogger Day

スポンサーリンク

とても楽しく、そして嬉しい夜だった。

昨晩は、六本木ヒルズ SAMSUNG X'mas CAFEで開催されたSamsung Cafe Blogger Dayに参加させていただいた。
飲み放題、食べ放題、そして新端末に触れ放題(何よりこれが嬉しい!)という素晴らしいイベントで、歓喜の間に2時間が終了したという印象。まだ興奮が冷めやらない状況なので、あまりうまくまとめられないけれど、写真でその印象を伝えていければと思う。

会場入口。

光のオブジェ。とても綺麗だ。

抽選券が配られており、巨大なくじ引きを回すことができた。僕はチャレンジ賞*1でSAMSUNGロゴのボールペンをいただいたけれど、特賞としては旅行も用意されていたようだ。

会場内。各テーブルには、OMNIA VISION 940SCが用意されていて、思い存分弄ぶことができた。素晴らしい。

料理も色々。このあとにもまだまだ出てきたのだけれど、端末にかまけていたら撮影を忘れてしまったw

ストレートQwerty端末揃い踏み。左からX02HT、X01SC、i780、SC-01B、E71。なんか1台だけSAMSUNG端末じゃないものが交じっているような気がするけれど、それはご愛敬。

この冬の新機種、X01SCとSC-01Bにフォーカス。X01SCの軽さとスタンダード端末ならではの操作性は魅力だし、SC-01Bは待ちに待ったWM Pro6.5搭載のストレートQwerty。うん、どっちも良い。

X02HTとX01SCの比較。WM Standardが好きで、X02HTを使い続けてきた人にとっては、待望の後継機になりうる端末。実際、薄さや軽さは似ている。僕はX02HTのオレンジをこよなく愛していたので、X01SCは黒1色というのが少し残念。ただ、SAMSUNGの担当者の方からは、「売れればカラバリもあり得ます」とのこと。売れて欲しい。

キーボード部分を拡大。カーソル周りは似ているけれど、キー配列はちょっと違う。3段目Zキーの左にShiftキーが入り、4段目はキーが増えて若干狭くなっている。ただ、Altキーを使って、任意のアプリやファイルを起動可能できるようになったのは便利。
未検証だけれど、SC-01BのAltキーではできないようだ。

ALMANI携帯の白黒と、Nokia N82の競演。なぜNokiaなのかと云われても困るが。



3色のアルマーニロゴLED。ボリュームキーを押すたびに色が変わることに驚いて、一瞬欲しくなってしまった。ただ、僕には使いこなせそうもないので、すぐに断念w
イベントの締めは、SAMSUNG端末モニター権利を得ることができるじゃんけん大会だった。機種毎の数が限られているために、じゃんけんは行うものの、最終的には出席者全員分の端末が用意されている(!)ということに驚く。素晴らしい太っ腹だ。
狙っていたX01SCは、3台用意していただいていたが、20人以上の人が希望で1番人気。あえなく敗退。
しかし、OMNIA VISION 940SCのブラックをいただくことができ、大満足。まだ開封もしていないけれど、太っ腹すぎるSAMSUNGの方に感謝しつつ、明日以降ゆっくりレビューさせていただくことにしたい。

*1:という名前だったと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ