餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

【私見】前面フルキー端末のキーボード序列

スポンサーリンク

750vのキーボードがどんなに素晴らしいかを確認するため、ことキーボードの打ちやすさだけ絞って、僕の所有端末における序列を考えてみた。
筐体のサイズやキータッチなど、僕の好みが多分に入っているから、端末の優劣を表すものではなく、完全な僕の好みによる「私見」であることを、予めお断りしておく。
前面Qwertyキーボード端末の場合、片手打ちの場合と両手打ちの場合では印象が異なるというのが僕の持論なので、それぞれにわけて考えてみた。
■片手打ちの場合
Treo750v>Treo680>E71>X02HT>i780>TreoPro>X01NK(E61)

■両手打ちの場合
X01NK(E61)>Treo750v>Treo680>E71>X02HT>TreoPro>i780

個人的には750v圧勝の感。両手打ちこそ、横幅に余裕のあるX01NKに、僅かに及ばないけれど、総合的な打ちやすさは750vで文句なし。
こうやってキーボードだけを比較してみると、TreoProは、かなり評価が低くなってしまうんだなぁ…。しかし、それでも、TreoProへの愛着はそれほど薄れない。キーボードの弱さを補ってあまりあるほどの魅力を感じているからだ。
※実際の入力時は変換精度が重要なので、それを含めて考えると、両手打ちでも(ATOK for WMの使える)750vの圧勝。反面、IMEが弱いE71は大きくランクダウンしてしまうと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ