餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

急速なバッテリ消耗に関する推論

スポンサーリンク

今朝、ANIARAからW-ZERO3を取り出して使おうとしたら、電源が切れているので驚いた。しかも、電源ボタンを押しても全く反応しない。いったいどうしたことだこれは、まさか故障か?と思ってかなり焦ったのだが、ACアダプタを繋いで見ると、充電のインジケーターランプが点灯し、ほどなくPHSのランプも点灯するようになったのでほっとした。どうやら、完全に電池がなくなっていたらしい。昨晩はかなり疲れていて、帰宅後、ANIARAからW-ZERO3を取り出すことなく眠ってしまったので、気がつかなかったのだが、いくら何でも一晩で電池がなくなるのは変だ。
最近、会社ではいつもクレードルに繋ぎっぱなしだから、帰宅直後は殆ど電池は残っていたのに、なぜ。おかしいなぁ、と思いながら色々考えてみたところ、ひとつの理由に思い当たった。僕は、無線LANの一発接続ソフトウェアであるLANMAN for W-ZERO3を、tdLaunchを使ってToday画面に表示させているのだが、これを間違ってタップしてしまうことがよくある。これは推測だが、昨晩、どこかのタイミングでこれを押してしまったことに気がつかず、無線LANが繋がったままの状態で、パワーオフにならず、あっという間に電力が消費されてしまったのではなかろうか。
今朝、W-ZERO3が復帰して早々には無線LANのインジケーターランプがついていなかった気がするのだが、復帰してすぐにLANMANをタップしたりもしているので、よくわからなくなってしまった。
ただ、いずれにしてもはっきりしていることがある。W-ZERO3では、無線LANを使うと猛烈に電力を消費してしまう上、自動サスペンドなども効かなくなってしまうので、こういったことは今後も起こりうるのだ。Today画面での無線LAN一発接続アイコンは、便利な反面、注意も必要だということを意識しておくようにしたい。


マラソン・ジョギングランキングへ