餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

武豊の選択

スポンサーリンク

ようやく、皐月賞での武豊の騎乗馬が決まったようだ。決定の経緯は定かではないのだが、フサイチジャンク陣営が「これ以上待てない」と岩田康誠を確保したというのが、僕の推測である。武豊は、ディープインパクトに乗っていた去年でさえ、ぎりぎりまで選択を保留しようとするほどの騎手だ。今年も、故障などの可能性を考えて、ぎりぎりまで引っ張りたかったに違いない。しかし、陣営にとっては、焦らされる間に有力騎手をどんどん他に囲い込まれてしまうことになるからたまらない。
フサイチジャンクは無敗馬ではあるが、ディープインパクト級の図抜けた勝ち方をしてきたわけではない。だから、ほとんどの馬と勝負付けが済んでいる、重賞2勝馬のアドマイヤムーンを捨ててまで、武が乗ってくれるとは考えにくく、ジャンク陣営は、いい加減業を煮やしたのではないかと思う。
いずれにしても、今年は混戦だ。アドマイヤムーンは確かに強いが、ディープインパクトレベルではない。だから、展開ひとつで他の馬にもまだまだチャンスはあるだろう。フサイチジャンク陣営にしても、名手岩田康誠を確保できたのは大きい。武豊にとっても、脅威に感じているのではなかろうか。


マラソン・ジョギングランキングへ