餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》弥生賞

スポンサーリンク

これで3連勝。確かに強いレースだったと思うが、前2戦のようなインパクトは
感じられなかったなぁ。


馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
8 10 ディープインパクト 牡3 武豊   56 2.02.2 8-7-7-3 34.1 1
1 1 アドマイヤジャパン 牡3 横山典弘 56 2.02.2 クビ 4-3-3-3 34.6 3
7 7 マイネルレコルト  牡3 後藤浩輝 56 2.02.4 11/4 2-2-2-2 34.9 2
4 4 * ダイワキングコン  牡3 北村宏司 56 2.02.5 1/2 1-1-1-1 35.2 10
2 2 ブレーヴハート   牡3 柴田善臣 56 2.02.7 11/4 6-6-5-7 34.8 6
8 9 $ エイシンサリヴァン 牡3 吉田豊  56 2.03.0 13/4 8-10-10-8 34.6 8
7 8 ニシノドコマデモ  牡3 田中勝春 56 2.03.0 クビ 7-7-7-8 34.9 5
5 5 ニューヨークカフェ 牡3 武幸四郎 56 2.03.0 8-7-7-8 34.9 7
3 3 レットバトラー   牡3 福永祐一 56 2.03.3 13/4 3-3-3-3 35.6 4
10 6 6 マチカネオーラ   牡3 蛯名正義 56 2.03.4 1/2 4-5-5-3 35.4 9



LAP 13.0-11.9-12.5-12.3-12.5-12.6-12.5-11.6-11.4-11.9
通過 37.4-49.7-62.2-74.8  上り 72.5-60.0-47.4-34.9  平均 1F:12.22 / 3F:36.66
単勝10 \120
複勝 10 \100 / 1 \120 / 7 \110
枠連1-8 \350 (2)
馬連01-10 \350 (2)
ワイド01-10 \140 (2) / 07-10 \120 (1) / 01-07 \260 (3)
馬単10-01 \380 (2)
3連複01-07-10 \280 (1/120)
3連単10-01-07 \810 (2/720)
ディープインパクトの単勝は、最終的に1.2倍。 朝日杯レコード勝ちの2歳チャンプや、中山2000の重賞勝ち馬もいるのに、 それを差し置いてこの圧倒的人気は、誰もがこのディープインパクトに 無限の可能性を感じていたからだろう。 レースぶりは、強かったと思う。 直線いっぱいいっぱいに追われていたアドマイヤジャパンに 対して、ムチひとつ入れずに寄せつけなかったのは見事だ。 どの馬よりも早く3角から仕掛けて、直線最後まで余力を 残していたのだから、着差はわずかにクビとはいえ、見た目 以上の力差はあると思う。 直線ヨーイドンの超スロー競馬となってしまったため、レースの 上がり自体が34.9と速くなったのだったのだから、着差が少ない のは仕方がないかもしれない。 今回、ディープインパクトの上がりは34.1で、今回メンバーの中 では突出している。(次位が、直線まで脚をためて伸びた2着馬 アドマイヤジャパンの34.6) 武豊も、本番を踏まえて、とにかく今回は安全に勝てれば着差など どうでもいいと考えていたのかもしれない。 それはわかっている。わかっているけれど、でも。 ディープインパクトに大きな夢を感じていた僕は、 そのイメージと違う展開にやや戸惑いを覚えている。 レース前に感じていた《無限の可能性》が薄れ、単に クラシック有力馬の1頭に見えてきてしまったのだ。 いみじくも武豊が、レース後コメントで 「(この馬には)まだまだ強くなってもらわなければ困ります」と 述べていたことが、現在の実力を示してはいまいか。 もちろん今回はトライアルであるから、本番でこそ、 再び衝撃のレースをしてくれる可能性はあるだろう。 ただ、ストーミーカフェは相当に手強い先行馬の筈 だから、今回よりも条件はいっそう苦しくなる。 減り続けている馬体重も心配だ。 しかし、この馬に関して心強いのは、陣営も、そして 馬も泰然としていることだ。 レース展開や相手関係、馬場状態、異常報道などなど、 周りがいろいろ考えたり騒いだりするのに構わず、 何事もなかったかのように3戦を乗り切って勝ってきた。 だから、僕の見立ては単なる杞憂であるのかもしれない。 いや、杞憂であることを願っている。


マラソン・ジョギングランキングへ