餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

峠帰りの餃ビー初め(逆襲の氷花餃子/編)

スポンサーリンク

ということで、僕は、Garapago Racingを出た。

料理もビールも美味しく、居心地の良い店ではあったけれど、やっぱり、ラム餃子の不在があまりに大きく、僕の心は、その穴を求めていた。

閑静な住宅街を後戻りして、駅へと向かう。

迷いは、全くなかった。もともと、余力があればハシゴするつもりの店があり、行きの時点で目星をつけていたからだ。

その店は、開成駅西口から数分程度の県道沿いに、堂々と存在していた。

f:id:ICHIZO:20190111035431j:plain

目を惹いたのが、とにかく広い駐車場。

店舗よりも、駐車場の方が大きいんじゃないかと思うほど。

店舗のWebサイトでは、「駐車場開成店」などという表記をされており、いったいどういうことかと思ったが、その理由も納得だ。

近づいてみる。

f:id:ICHIZO:20190111035544j:plain

懐かしく、そして愛おしい「氷花餃子」の支店。開成町店だった。

1年半前。峠走の帰りに小田原まで足を伸ばして、本店を訪れた記憶が甦る。

あの時も、国府津「餃子ショップ」からのハシゴであったが、それでも十分堪能、感動してことを思い出す。

僕にとって忘れられない、見事な羽根の餃子が特徴的な店だった。

僕は、いつかまた、あの餃子をまた食べたいと思っていたから、今回、その機会を得たことは非常に嬉しかった。

f:id:ICHIZO:20190111041324j:plain

その入口には…

「庶民の値段で貴族の享受」

というキャッチコピーが書かれていた。本店では見かけなかったコピーだ。

日本語的にちょっと微妙な気がしないでもないけれど、まぁ、言いたいことはわかる。

しがない庶民である僕も、ひととき、貴族の気分を味合わせてもらおう。

入店。

f:id:ICHIZO:20190111042126j:plain

ランチタイムを少し外していたこともあって、店内はガラガラだった。

f:id:ICHIZO:20190111042816j:plain

メニューを開いてみる。

リーズナブルな一品料理も多々掲載されていたが、それらには全く目をくれず、僕が見ていたのは、このページのみ。

f:id:ICHIZO:20190111042919j:plain

そう。もちろん、餃子類のページだ。

水餃子や蒸し餃子なども気になったが、やっぱり、何を置いても、この店に来たら、看板メニューの「氷花餃子」を選びたい。

その素晴らしさ、美味しさはわかっていたので、迷う理由がなかった。

他の餃子は、余力があれば追加注文することに決め、僕は、まず「氷花餃子」を注文。

そのお供として…。

f:id:ICHIZO:20190111043327j:plain

ビールも注文することにした。

その選択肢は殆どなかったので、スーパードライの瓶を選択。餃子と一緒に持ってきてもらうよう頼んだ。

美味しいクラフトビールを飲んだ後ではあったが、スーパードライにはスーパードライの良さがある。

餃子が出てくるまでは、かなり時間がかかった。

僕は、少し間を持て余してしまい、「ビールを先に持ってきてもらうべきだったかなぁ」と少し後悔し始めていたころ…。

f:id:ICHIZO:20190111043836j:plain

氷花餃子がやってきた! 

1年半ぶりの、感動の再会だ。

やっぱり、この餃子は凄い。その羽根は素晴らしい。僕はあらためて感服してしまった。

f:id:ICHIZO:20190111044038j:plain

2019年、餃ビー初め!

涙のラム餃子ロスを経て、氷花餃子で叶った夢だ。

ビールやiPhone SEとの比較でおわかりのように、かなりのボリューム・インパクトがある。

見栄えだけでなく、その味についても申し分ない。

f:id:ICHIZO:20190111044519j:plain

あぁ、旨い。美味しいなぁ。

もちもちの皮と肉汁たっぷりのジューシーな具。そして、なんと言っても、羽根のカリカリ感。その三位一体ぶりが、とにかくたまらなかった。

僕は、焼餃子の羽根にはこだわりをもっておらず、「特になくてもいい」派なのだけれど、ここの餃子だけは特別。

美しい《氷花》の羽根は、ビジュアル的に美しいだけでなく、味という点でも大きく貢献しているからだ。

何より、そのクリスピー感は、最高にビールとマッチする。可能であれば、追加で羽根だけ注文したいほどw

僕は、しばし、至福の餃ビータイムを過ごした。

ボリュームたっぷりの餃子とビールを、ゆったりたっぷり堪能して、会計は1000円程度。実に安い。

まさにこれは、《庶民の値段で貴族の享受》だ。

氷の花

氷の花

 

マラソン・ジョギング ブログランキングへ