餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「技ありQwertyキー&魔法のスペースキー」が超気持ちいいBlackBerry KEYoneの使い勝手

スポンサーリンク

物理Qwertyキーは、BlackBerryの代名詞だ。

近年は、フルタッチのBlackBerryも発売されてきているが、僕は、その方針転換が大きな間違いだったと確信している。

以前のエントリーで書いたが、「BlackBerry」と言えば、黒苺を彷彿させる物理Qwertyキーが、その顔であり、看板。

自らの看板、代名詞を捨てて、フルタッチ端末に走る意味がいったいどこにあったのか。

そもそも、飽和気味のフルタッチ市場で、物理Qwertyキーだからこそ意味があった、BlackBerry OSの端末が、戦える筈がない。

この迷走がなく、BB独自の物理Qwertyキーを極めていれば…もっと早くAndroid OSと連携できていれば…こんなに市場が縮小することはなかったのではないか…という思いが拭えない。

と。今更そんなことを嘆いても愚痴になるだけ。

今はただ、原点回帰してくれた、ストレート物理Qwertyキー搭載のBlackBerry KEYone登場を喜びたい。

とはいえ。

キーボードの入力性能比較で言うなら、KEYoneは、これまでのBBに大きく及ばない。

BlackBerry Classicと比較しても、Classicの方が(日本語変換・入力のダメダメさに目をつぶれば*1)圧倒的に上。

KEYoneは、トラックパッドがなくなり、キーサイズも、Classicより小さく、狭くなってしまったからだ。

しかし…。

f:id:ICHIZO:20170710032244j:plain

KEYoneのキーボードには、それを補ってあまりある魅力が隠れていた。

BlackBerry KEYoneにおいて、Qwertyキーは、単なるキー入力のためのボタンではない。

各キーに、アプリなどのショートカットキーを割り当てられるBB伝統の便利機能。

加えて、キーボードをタッチすることにより、液晶画面のスクロールができたり、ホームスクリーンの操作やカーソルの移動も行うことができる。

「Touch-Enabledキーボード」と呼ばれるこの機能は、BlackBerry Passport以降加わったもので、Classicには搭載されていなかった*2ので、僕には、新鮮でとても嬉しかった。

現状、キーボード上の「滑り」があまり良くなくて、動きにくい場合もあるのだけれど、これはきっと、慣れで快適になっていくと信じたい。

そして。

なんと言っても素晴らしいのが、BlackBerry史上、初めて搭載された指紋認証。

発売前、スペースキーにそれが搭載されるという情報を聞いた時は、「ちょっと使いにくいのでは…?」と思ったのだけれど、大きな誤解だった。

いやはや、これは便利。便利すぎてたまらない。感知性能が最高に素晴らしく、ほんの一瞬触れただけで、あっという間に復帰する。

あまりの快適さに、「認証してないんじゃないか?」と思うほどだ。

さらに、スペースキーをクリックすると、1画面ぶん下にスクロールする(shiftキー+スペースキークリックだと上にスクロール)という機能があるため、その便利さが際立つ。

例えば、長文のWebサイトをつらつらと眺めていて、いったん中断したとき。

自動ロック&画面オフの設定であったとしても、ほんの一瞬スペースキーをタッチするだけですぐに復帰。

さらに、それをクリックすれば、いちいち画面に触れることなく、簡単にWebサイトで続きを読むことができるのだ。

この「いちいち画面に触れることなく」というのが、本当に快適。

スペースキーでは1画面分のスクロール。前述のTouch-Enabledキーボード機能では細かいスクロールができるので、画面をタッチすることなく、自由自在に閲覧可能。

文字入力時においても、物理Qwertyキー搭載故に、ソフトウェアキーボードを表示させなくて済み、画面をたっぷり広く使える。

フルタッチの大型液晶端末は、確かに広くて便利だけれど、必ず画面にタッチしなければならないというのが、面倒に感じる時もある。

僕は、iPhoneでのコピー&ペースト操作にイライラするし、Web閲覧時は、広告などを誤タッチさせられることもままあり、いつまで経っても慣れない。

その点、BlackBerry KEYoneならば、液晶画面に全くタッチしなくても、Webを閲覧することができる。

例えば、ブラウザを立ち上げる操作だって、ボタン一発で可能なので、画面に触れる必要なんて、まるでないのだ。

とにもかくにも、ショートカット&タッチ操作ができる「技ありQwertyキー」と、指紋認証&画面スクロールができる「魔法のスペースキー」のコンビが絶妙で、最高。

いやはや便利でたまらない。

 

 

BlackBerry KEYone BBB100-2 EMEA Version[並行輸入品]

BlackBerry KEYone BBB100-2 EMEA Version[並行輸入品]

 

 

 

*1:実際は、目をつぶることができないことがほど酷いのだけれど、あえて。

*2:Classicは、タッチパッドを搭載しているので、不要かもしれない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ