読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ふくらはぎ痛、酷暑のかすみがうら…。ちょっと悔しい4月ラン、振り返り。

スポンサーリンク

4月は、最悪の幕開けだった。

僕は、3月の古河はなももマラソンで、久しぶりにグロス3.5を達成。別大のリベンジができて本当に嬉しかったし、その勢いで、勝負の月にする筈だったのだけれど…。

月初。いきなり、ふくらはぎ痛を発症…。

3月から始めた、ジムでの三部連(トレッドミル、レッグカール、ステッピング)で、ちょっと無理をしてしまったようで、走ることができなくなってしまった。

整形外科医で診察してもらったところ、痛みの箇所的に、しばらく安静が必要と言われ、目の前が真っ暗になったことを思い出す。

数日間ランを休むと、痛みはおさまってきたため、軽いジョグは行っていたが…。

戸田・彩湖ウルトラマラソンは見送り。

ジョグのスピードを上げると違和感があったし、どう考えても、70kmを走れる身体には戻っていないと思ったからだ。

その決断が功を奏して…。 

かすみがうらマラソンの4日前には、ほぼ、休養前の状態に戻った。

岩本先生の練習メニューをきちんとこなせたことで、かすみがうらマラソンでは、もしかしたら、連続のサブ3.5、古河はなもも以上の記録を残せるかも?とまで思った。

ところが…。

3時間38分で、あえなく惨敗。

この日は、気温が25℃にものぼり、レースとしては過酷な条件だった。

ただ、個人的には、暑さはそれほど気にならず、後半、上がらなくなってしまった脚に、自分の力不足を感じた。

意外だったのは、僕が同レースで自己ベスト(3時間19分)を出した3年前に比べて、相対的な順位が上がっていたこと。だから、皆にとっては、相当苦しい暑さだったのだろうと思う。

となると、僕にとっても、見えない部分で影響があったのかもしれず、そう考えたら、ちょっと悔しい思いがこみ上げてきた。

勝負レースだったのになぁ…。

ただ、悔やんでばかりもいられない。レースはこれで終わりになるわけじゃないので、僕は、その後も淡々と練習をこなした。

平日は、なかなか忙しい日々で、例によって5km程度の夜明けランしかできない生活が続いたが、週末は時間をとることができた。 

皇居の八重桜に癒やされながらの40kmラン。

 朝日&荒川のコンビネーションが素敵だった、荒川河川敷ラン。

僕の一番好きなランニングコースの、横浜港ラン。

と、各所を楽しく走ることができた。月初の痛みの状況を考えると、全く走れないんじゃないか…?とも覚悟していただけに、悪くなかったような気もする。

f:id:ICHIZO:20170505040900j:plain

f:id:ICHIZO:20170505040906j:plain

走った回数は27日。累計距離は269km。

月初の怪我さえなければ、たぶん300km行けたのになぁ…と、考えると、やっぱりちょっと悔しくなってきた。

ということで、5月こそ、逆襲の月にしようと思っている。

 

 

フルマラソンがもう一度速くなる30のスイッチ

フルマラソンがもう一度速くなる30のスイッチ

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ