餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

東京マラソン落選…後の、逆襲も逆転も果たせなかった1日

スポンサーリンク

悲報は、昨日の午前中にひっそりと届いていた。

f:id:ICHIZO:20160917080230j:plain

昨日、9月16日は、東京マラソンの一般抽選結果発表日。それは以前からわかっていた。

しかし、僕は、朝から仕事に忙殺されていたので、しばし、そのことを忘れており、メールをチェックする暇もなかったのだ。

昼休み、やっと一息つけて、ふと、メールボックスを眺め、上記タイトルのメールを開いてみると…。

f:id:ICHIZO:20160917080332j:plain

落選だった。

でも、もう、悔やんでも仕方ない。ここが潮時。10万払ってチャリティ出場を決断しよう。チャリティランナーとして逆襲だ!

と思い、チャリティのページに飛んでみると…。

f:id:ICHIZO:20160917075005j:plain

なんと、もう、定員になっていた。

前日までは、確か、まだ枠はあった筈なのに…。

落選通知は11時過ぎには届いていたようだから、僕が忙殺されている間にその通知を受け取ったランナーたちが、続々とチャリティに流れ、定員に達してしまったに違いない。

チャリティランナーの登録動向について、僕は、ずっと以前から着目、意識していた。

半月前に、このエントリーを書いたあとも、その動向はチェックしていて、だから、落選直後でも間に合うと思っていたのだけれど…。

甘かった。

さらに、僕は、この時、大きな判断ミスを犯してしまう。

チャリティ枠は、定員には達していたものの、まだ「キャンセル待ち」という表示になっていたのである。

僕は、これを見たとき、チャリティランナーにキャンセル待ちがあるのかと驚いたが、とりあえず、それでも申し込んでおくべきだったのだ。

なぜなら、この表示は一時的だったようで、それからほどなくして、また確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20160917075954j:plain

キャンセル待ち表示はなくなり、完全に締め切られてしまっていたからである。

僅かとはいえ、逆襲のチャンスがあったのに、それをみすみす逃してしまい、実に痛恨。僕は、ONE TOKYOの(名ばかり)プレミアム会員だから、11月に追加抽選のチャンスを残してはいるが、これも大激戦が必至で、望み薄。

あぁ、来年もまた、東京マラソンに出場することはできないのだなぁ…と落ち込んでいたら、こんなニュースが飛び込んできた。 

なんと!

そう言えば、SNSでも、誰か(ラン仲間の友達の友達)が、メールとONE TOKYOのページで情報が異なっていて混乱していると書いていた。

この件は、東京マラソンのオフィシャルWebサイトにも掲載されており、それによると…。

結果の送信について、新システム移行におけるエラーが発生し、ONE TOKYOプレミアムメンバーの当選者のうち、約2,200名の方に落選メールを誤って通知しました。

当選通知メール誤送信のお詫び | 東京マラソン2017

誤送信の対象者は、「ONE TOKYOプレミアムメンバーの当選者」に限られ、しかも「約2,200名」もいるらしい。

ならば、僕にも十分チャンスはある。これで一発大逆転だ!!と、信じて、ONE TOKYOのマイページを確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20160917081002j:plain

 

f:id:ICHIZO:20160917080842j:plain

やっぱり落選だったorz

いったん期待が募ってしまっただけに、落胆も大きく、なんだか、落選通知を2回受け取ったような気分だ。

あぁ、新コースで走るという夢は、これでほぼ潰えてしまったなぁ…。

無念。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ