餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

完全に断たれた、東京マラソン2016出場の夢

スポンサーリンク

昨日は、朝から落ち着かなかった。
東京マラソン2016、二次抽選の結果発表日だったからだ。これは、ONE TOKYOプレミアムメンバー限定の抽選だったけれど、「プレミア」とは名ばかり。今回も激しい競争率は必定だったため、出場できる可能性は、極まりなく低かった。
しかし僕は、一縷の望みを抱いて、結果発表のメールを待った。
はたして、午後、「東京マラソン2016 追加抽選結果について」というSubjectのメールが届いた。僕は、ドキドキしながらそのメールを開いてみると…。

==============================================
◇◇ 東京マラソン2016 追加抽選結果(落選)について ◇◇
==============================================

落選だったorz
プレミアムメンバー向け、ONE TOKYOでのエントリー履歴でも…。

もちろん、落選の表示。
東京マラソンの競争倍率を考えれば、落選するのは当たり前。去年まで4年連続で出場できていたことが奇跡的で、5年連続なんて虫が良すぎると言われそうだ。
ただ、2016の東京マラソンは、第10回の記念大会でもあるだけに、何とか出場したかった。
一般抽選の落選後、今回だけは、チャリティ料金の10万円を払っても出る価値がある!とまで考えはじめていたが、二次抽選で出場の目が残っていたため、どうにも踏み切れなかった。
そうこうしているうちに、今月上旬の段階で、チャリティランナー枠は定員締切。自力出場のチャンスは、閉ざされてしまった。
二次抽選で当選する確率は、限りなく低かったのだから、どうしても出場したかったのであれば、一般抽選に落選した段階で、チャリティ枠を押さえておくべきだったなぁ…。
無念。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ