餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

サロマ湖100kmウルトラマラソンの参加案内&ナンバーカードが来た!

スポンサーリンク

レース当日まで、3週間を切った。


第30回サロマ湖100kmウルトラマラソン兼IAU 100km世界選手権2015 日本代表選考会【公式】:

個人的には、何とかギリギリ間に合ったか…という思いを抱いている。
今年は、4月下旬のかすみがうらマラソン直前に肋骨を打撲。さらに、その状態でレースを走ったことが大きなダメージとなり、2週間もの安静を余儀なくされたからだ。
でも、もう大丈夫。
ウルトラマラソン前には、必ず50km超の距離を走っておく」という課題も、先週末に53kmを走ってクリア。万全とは言えないまでも、良好な状態で本番を迎えることができそうだ。
そんな折、大会事務局から大きな封筒が届いた。
saroma1
中に入っていたのは、例年同様の参加案内、ガイドブック、各種広告チラシに加えて…。
saroma2
荷物預かり袋や、ナンバーカードも含まれていた。
去年までは、レース前日の受付会場で受け取っていたものになるが、今年から事前発送にも対応してくれることになった。感激。
僕らは、例年網走付近に宿泊しているため、毎年、これを受け取るためだけに、会場まで数時間もかけて車で往復する必要があったからだ。
事前発送を希望する場合、別途手数料500円がかかってしまうというのはちょっと不満なのだけれど、移動にかかる時間と手間、コストを考えれば、それでも十分価値があると思う。
saroma3
封筒の中には、参加賞のTシャツも入っていた。
シンプルだけれど、いいデザインだと思うし、「30th ANNIVERSARY」の文字も入っていて、記念の一品になる。
参加案内をつらつらと読んでいたら、胸が高鳴ってきた。
これからは、大きな事故や怪我、病気などをしないよう、体調管理が重要になってくる。無事に本番を迎えることができるよう、気をつけて過ごしていきたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ