餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル

スポンサーリンク

ブエナビスタとレッドディザイアの実力が抜けているのは歴然。
それはわかっているが、ともにドバイの激走帰りという点に死角がある。ウォッカがこなしたのだから問題ないという声もあるけれど、それはどうだろう。あの馬はドバイで凡走続きだった。一昨年が4着、昨年に至っては5着、7着からの参戦なのだ。しかも、古馬になってからのウオッカは、東京競馬場専用馬になっていた感もあるので、全く参考にならない。
「2強」では素直に決まらないという前提にたって、予想は大きく捻ってみる。
本命はウェディングフジコ。難しいことは考えず、ただ、フジキセキの産駒というだけで本命にする価値がある。理由は簡単。過去、このレースに出走していたフジキセキ産駒の成績を見れば一目瞭然だ。

年度 馬名 年齢 騎手 馬番 着順
2008年 エイジアンウインズ 4 藤田伸二 6 1
2007年 コイウタ      4 松岡正海 4 1
2007年 コスモマーベラス  5 蛯名正義 13 15
2007年 ビーナスライン   6 秋山真一 18 18
2006年 コスモマーベラス  4 柴田善臣 5 4
過去4回の開催で、産駒の出走頭数は5頭。それで2勝なのだから、恐るべき実績ではないか。しかも、勝った馬はともに実績抜群だったわけではない。エイジアンウインズは5番人気であのウオッカを撃破。コイウタに至っては、なんと12番人気での制覇だ。2006年のコスモマーベラスも16番人気で4着だから大健闘している。
勝った2頭、そして大健闘した2006年のコスモマーベラスには共通点がある。フジキセキ産駒でありながら惨敗してしまった他の2頭*1と違う点があるのだ。そして僕は、それが今回のレースの鍵だと思っている。
まず目につくのは、この3頭の好走は、全て4歳時だったということ。それが鍵だったとすると、ウェディングフジコは来ない。6歳馬だからだ。しかし、本当の鍵は年齢ではないと僕はみた。枠順だ。好走した3頭は、全て内枠。それに対して、凡走した2頭は外枠なのだ。これが大きなポイント。器用な立ち回りを得意とするフジキセキ産駒にとって、まさに内枠こそがポイントになる、と僕はみた。
今年のレースで、フジキセキ産駒はウェディングフジコただ1頭。しかも4番枠。これが狙わずにいられるものか。人気薄すぎて、何かの罠ではないかと思うほどだ。
戦績だって悪くない。重賞こそ勝っていないが、ここ2戦の重賞で2着、3着。先行できる脚もあるから、超スピード馬場になっている今の東京で内枠を引いたのは断然有利。勝つまでは難しくても、3着までなら十分食い込む可能性があるとみた。頼むぞ隼人!内を器用に抜け出して来い。
対抗はブエナビスタ。久々のマイルに不安説も出ているけれど、小回りコースならばいざ知らず、底力がいる東京マイルならば心配要らない。先行馬圧倒的有利の馬場になっているので、以前の脚質ならば不安だったが、ノリの教育により、先行できるようになった今なら大丈夫。勝つならあっさりまで。
3番手はもちろんレッドディザイアだけれど、この馬はドバイ遠征の疲労が心配。枠も外過ぎるし、差し馬不利の馬場も向かない。連下の1角でいい。他に、ベストロケーション、ラドラーダ、ミクロコスモス、ブロードストリート、ブラボーデイジー、アイアムカミノマゴ、プロミナージュあたりまで手広く流す。
馬券は◎○2頭軸の3連単マルチ。ブエナビスタを絡めても、ウェディングフジコとの3連単なら、どれも好配当。後悔しないように手広く買う。
◎ウェディングフジコ
○ブエナビスタ
▲レッドディザイア
△ベストロケーション、ラドラーダ、ミクロコスモス、ブロードストリート、ブラボーデイジー、アイアムカミノマゴ、プロミナージュ

*1:うち1頭は2007年のコスモマーベラスだけれど、便宜上別に扱う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ