餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

中山牝馬S

スポンサーリンク

熱き女たちの戦い、中山牝馬ステークス。
ヴィクトリアマイルに繋がるステップレースということになっているようだけれど、どうにも僕はしっくりこない。中山1800メートル戦と東京1600メートル戦では、求められる資質が全く違うのではないかと思うからである。ハンデ戦である上に、距離も回りも異なるのだから、そもそも同じ路線と考える方が無理筋だろう。
個人的には、ヴィクトリアマイルなどという訳のわからないG1を作るかわりに、春の中山開催で牝馬限定の1800メートルG1を作るべきだったのではないかと思っている。そうすれば、「東京のマイルG1ばかりが乱発される陳腐なレース体系」「基幹距離である1800メートルG1戦がないという異常事態」をともに解決できる上、この中山牝馬Sも、重要なトライアルレース*1として生まれ変わることができた筈だからだ。
と、話がそれた。ヴィクトリアマイルの問題点については、まだまだ書きたいことはあるのだけれど、それはその当日に書くこととして、今日は中山牝馬ステークスを予想しなければ。
本命はキストゥヘヴン。
近走を見ると不調にあえいでいるようにみえるが、距離もコースも不適なレースばかりを使われていたためであって、決して力負けではないと思う。一瞬の切れ味を生かしたいこの馬にとって、中山変わりは大幅にプラスであり、同条件の重賞を勝っている中山1800メートル戦は願ってもない舞台だ。
重馬場はこなせる筈だし、同厩のキープクワイエットが演出するハイペースを味方にして、久しぶりにこの馬向きの展開となりそうな気がする。
典よ、泥んこ馬場のど真ん中を、力強く突き抜けてこい。
対抗は、週半ばまで大穴アクロスザヘイブンにするつもりだった。条件馬とはいえ、忘れもしないフローラS3着*2があるし、前々走の京都牝馬Sでは、今回人気のサンレイジャスパーとアタマ差の5着なら悪くない。恵量50kg、2戦2勝の中山コースというのも魅力たっぷりで、絶好の狙い目だと思ったのだ。
キストゥヘヴンが勝った時の桜花賞が「キス&キッス」なら、今回は「ヘヴン&ヘイブン」馬券というのもなかなか面白いと感じていた。
ただ、この雨が何とも恨めしい。前走を見る限り、重馬場は全く駄目であり、陣営も良馬場を熱望していたからだ。昼過ぎに天気が回復するという予報もあるから無印にはできないが、パンパンの馬場は望めまい。悔しいけれど、連下の一角に評価を落とす。
ということで、対抗はアサヒライジング。重賞未勝利の馬にトップハンデの56.5kgは見込まれすぎのような気もするが、実力がトップクラスなのは間違いない。ただ、休み明けであり、大目標がヴィクトリアマイルというのは間違いないから、今回は無理をしない筈だ。となると、またまた勝ちきれないイメージが浮かぶのだけれど、大崩れも考えにくく、無難に対抗。
3番手にはサンレイジャスパーを。追い込み馬だけに中舘騎乗がどうかという不安はあるが、「裏開催命」の中舘が中京を捨ててまで乗ってくる以上、当然脈ありと期待する。ハンデの54kgも、このメンバーに入ると相対的に有利だと思う。
ヒモには前述アクロスザヘイブンの他、ピアチェヴォーレ(重馬場プラスのはず)、マドモアゼルドパリ(アンミツが怖い!)、ウイングレット(2年前の覇者)まで手広く押さえる。
馬券は、◎○2頭軸→▲△△△△並びに◎▲2頭軸3連単マルチ→△△△△の54点買い。
◎キストゥヘヴン
○アサヒライジング
▲サンレイジャスパー
△ピアチェヴォーレ
△アクロスザヘイブン
△マドモアゼルドパリ
△ウイングレット
フィリーズレビューは、武豊アストンマーチャンに逆らえない。阪神JFで女王ウォッカとクビ差の実力は、このメンバーに入ると、1枚も2枚も抜けている。
相手には少し捻って(期待も込めて)シュガーヴァインを。前走は輸送と左回りに泣いたため参考外と考えれば、牡馬クラシック候補トーセンキャプテンの2着に入った実績があり、再評価できると思う。

*1:その場合は、ハンデ戦から別定戦に変更する必要がある。

*2:何と言っても僕に68万馬券をプレゼントしてくれた馬だ。忘れる筈がない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ