餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》天皇賞(秋)

スポンサーリンク

もう東京が苦手とは言わせない。
皐月賞馬ダイワメジャー、王道路線で盾奪取。

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 通過順 上3F 単勝
7 14 ダイワメジャー   牡5 安藤勝己 58 1.58.8 2-2-2 35.2 4 7.0
5 10 スウィフトカレント 牡5 横山典弘 58 1.58.9 1/2 9-7-6 34.7 7 16.9
8 15 アドマイヤムーン  牡3 武豊   56 1.59.0 3/4 10-10-10 34.2 2 6.0
4 8 コスモバルク    牡5 五十嵐冬 58 1.59.1 3/4 6-6-6 34.9 3 6.2
4 7 スイープトウショウ 牝5 池添謙一 56 1.59.2 3/4 8-9-9 34.6 1 3.9
2 4 ダンスインザムード 牝5 北村宏司 56 1.59.3 1/2 3-3-3 35.5 5 7.1
1 1 アサクサデンエン  牡7 田中勝春 58 1.59.4 クビ 7-7-8 35.1 8 18.9
6 12 ハットトリック   牡5 岩田康誠 58 1.59.8 21/2 11-11-11 34.8 14 44.3
2 3 サクラメガワンダー 牡3 内田博幸 56 1.59.9 クビ 4-4-4 36.0 12 41.0
10 3 5 ローエングリン   牡7 柴田善臣 58 2.00.0 3/4 4-4-4 36.0 11 34.5
11 6 11 ファストタテヤマ  牡7 武幸四郎 58 2.00.7 14-14-13 35.2 13 41.8
12 8 16 グレイトジャーニー 牡5 蛯名正義 58 2.00.8 クビ 12-12-11 35.8 16 91.1
13 8 17 ローゼンクロイツ  牡4 後藤浩輝 58 2.00.9 3/4 14-15-13 35.4 15 54.4
14 7 13 オースミグラスワン 牡4 四位洋文 58 2.01.0 1/2 16-16-16 35.1 10 24.8
15 5 9 インティライミ   牡4 佐藤哲三 58 2.01.2 11/4 1-1-1 38.0 6 16.2
16 1 2 カンパニー     牡5 福永祐一 58 2.01.4 11/2 12-12-13 35.9 9 22.0
3 6 トリリオンカット  牡6 和田竜二 58 ------ ---- -- 0.0
LAP 12.8-11.3-11.3-11.4-12.0-12.1-12.3-11.9-11.2-12.5
通過 35.4-46.8-58.8-70.9  上り 72.0-60.0- 47.9-35.6平均 1F:11.88 / 3F:35.64
単勝  14 \700
複勝  14 \240 / 10 \430 / 15 \240
枠連  5-7 \2400 (12)
馬連  10-14 \4780 (17)
ワイド 10-14 \1640 (15) / 14-15 \860 (9) / 10-15 \1650 (16) / 14-10 \8690 (29)
3連複 10-14-15 \9120 (23/560)
3連単 14-10-15 \60460 (172/3360)



スタート前からドラマは始まっていた。トリリオンカットが放馬、馬場を1周半もしたため除外。スウィフトカレントはゲート入りに手こずり、カンパニーは外枠発走に変わる。不穏なムードに包まれる中、ゲートが開いた。注文をつけて先頭に立ったのはインティライミ。攻める競馬が売り物の佐藤哲三だけに、思い切ってぐんぐん飛ばす。結果、最近の天皇賞には珍しく、前半から11秒台が続くハイペースになった。
この展開を最も喜んだのは、安藤勝己だろう。切れる脚のないダイワメジャーは、例年のようなスローペースでの瞬発力勝負は避けたかった筈だ。だから、自分で動いてでも早いペースを作る必要があったところ、願ってもない先導役の存在が現れた。アンカツは、この時点で勝利を確信したのではないか。
直線で堂々と先頭に立つと、あとは余裕綽々。スウィフトカレントが、横山典弘渾身のムチに応えてすがりついてきたが、体制逆転には至らなかった。今年の展開、馬場では、ディープインパクトばりの末脚を使えない限り、ダイワメジャーを差しきることはできなかっただろう。
横山典弘は、これで昨年秋から、天皇賞も3連続2着。別稿でも書いたが、いやはや何とも凄い記録だ。今回もロスなく内々をぴったりと回り、仕掛けどころも完璧。馬の力は存分に引き出しているのだが、復調した皐月賞馬に展開まで味方されては叶わない。またしても定位置の2着になってしまった。
1番人気スイープトウショウは、落ち着いているというより、いつもの覇気が見られない気がした。体重が12kgも減っていたし、体調に問題があったのではなかろうか。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ