餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「サバの日」の翌日に、「サバノミッソーニ」が圧勝!

スポンサーリンク

今週月曜日、3月8日は、「サ(3)バ(8)の日」だった。

僕は、サバが大好きなので、記念日に合わせてサバを食べようと思った。

それがサバ餃子だったら、ブログネタ的に最高だったのだけれど、平日の夜に、サバ餃子が食べられる店が見つからなかった*1し、自分で作るのも面倒。

ということで、普通にサバを買ってきて、食べることにした。 

鯖は、塩焼きも味噌煮も大好きだけれど、最近お気に入りなのは、さばカツ。

f:id:ICHIZO:20210310011718j:plain

昨年、近所のスーパーで、インパクトのあるパッケージに包まれた「さばカツ」を偶然発見。

ビビッと惹かれて購入したことを思い出す。

f:id:ICHIZO:20210310012024j:plain

甘辛タレのカツに包まれたサバは、肉厚でとても柔らかく、ご飯にもビールにも最高に合う。

ということで、昨年以降、定期的に購入しているが、いつ食べても本当に美味しい。

ということで僕は、今年のサバの日、最高のさばカツを堪能した。

…そんなサバの日の翌日。3月9日。

地方競馬の一般レースで、5戦5敗だった馬が初めて勝った。

普通ならば、誰も気にしないたぐいの情報が、Yahoo!ニュースに取り上げられた。

その理由は、ただひとつ。その馬名が強烈すぎたことだ。

f:id:ICHIZO:20210310015509j:plain

サバノミッソーニが7馬身差で逃げ切り初勝利!(netkeiba.com) - Yahoo!ニュース

サバノミッソーニw

いやぁ、素晴らしい。

デビューから5連敗していたのに、「サバの日」を迎えた途端、圧勝するなんてドラマチックすぎる。

まさにこれは、「さばカツ(勝つ)」ではないかw

もしかすると、サバノミッソーニの関係者たちは、レース前日のサバの日に、「さばカツ」を食べていたのかもしれないなぁ…と思った^^;)

競走馬においては、珍名が結構ある。

大抵は、ウケ狙いにとどまって、活躍せずに終わる馬が多いのだけれど、中には、「キングカメハメハ」というダービー馬もいるし、「オレハマッテルゼ」なんて馬が、G1を獲得したこともある。

そんな珍名界の中でも、「サバノミッソーニ」という馬名センスは秀逸だ。

馬名の由来は、そのまま《鯖の味噌煮》ということだが、「サバノミソニ」という名前ではなく、「サバノミッソーニ」とアレンジしたのが最高。

いかにも競走馬っぽい名前になったからだ。

実況アナウンサーは、至極真面目にその圧勝を伝えているのだけれど、思わず僕は噴き出してしまった。

【蛇足】

3月8日のYahoo!ニュースによると、さばカツを使った「海苔弁当」が、フードトラックで販売されているようだ。

 こんなん、旨いに決まってるじゃないか!

あぁ、僕の近所にも来てくれたら、毎日でも買いに行くのになぁ…。

甘辛さばカツ10枚入り 業務用 山田水産 冷凍便 送料無料 鯖 鯖カツ フライ 弁当 惣菜 サバカツ お取り寄せグルメ 食品 備蓄 ギフト ホワイトデーお返し

楽天で購入

*1:サバ餃子を扱っている店は発見できていたのだけれど、コロナ禍の影響で時短営業となっており、会社帰りに寄るのは不可能。


マラソン・ジョギングランキングへ