餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「iPhone 11 Pro」&「iPhone 11」発表!で、一新されたApple Webサイト

スポンサーリンク

今日の午前3時。

「Apple Webサイト」のトップページを開くと、このような表示になっていた。

f:id:ICHIZO:20190911040849j:plain

先日オープンしたばかりのストア、「Apple丸の内」 の写真がドカンと掲載されており、その下に、Phone XRの紹介。

ストアをメインで紹介していることから、いかにも《プロダクト過渡期》のタイミングであることを証明するようなものになっていた。

しかし。

午前4時が近づき、Apple Special Event 2019が終了するや否や、それが一新され…。

f:id:ICHIZO:20190911041849j:plain

このようなページに変わった。

ついに、iPhoneにも「Pro」モデルが誕生。

筐体正面からの写真ではなく、背面。しかも、トリプルカメラ部分をフォーカスしており、カメラに対してのなみなみならぬ自信を感じさせる。

Webサイトでは、詳細の紹介ページもできている。

その紹介内容は、殆ど全てが、カメラに関わる説明だ。

とにもかくにも、iPhone 11 Pro の「売り」は、このトリプルカメラ、ということなのだろう。

発表前の「iPhone 11 Pro 」リーク情報では、Apple Pecilに対応するのでは…?とも言われていたが、それは非対応だった。

もちろん《無印》のiPhone 11も発表されている。

f:id:ICHIZO:20190911044243j:plain

Pro同様、背面の写真を掲載しているが、こちらは全景。

iPhone Xシリーズ同様、カメラはデュアルのままだったが、この背面には、大きな変更点がある。

おわかりだろうか?

Appleマニアの方には、簡単すぎるかもしれない質問かもしれない。

そう。

「Appleロゴが真ん中になった!」ということだ。

それに伴い、下部に書かれていた《iPhone》の表記も消えている。

僕は、「ロゴの位置などどうでもいい」派だけれど、こだわる人にとっては、大きな意味を持つらしく、SNSなどでは、ちょっとした話題になっている。

ただ、これは、既定の事実だったのかもしれない。

先行発売されていたiPhone 11用のケースでは、ロゴ位置が真ん中になっていたという情報があったからだ。

そんなiPhone 11の詳細情報についても…。

AppleのWebサイトにしっかりまとめられているので、気になる人は、ご参照いただければと思う。

「11を買いたいけど、Proか無印か迷う!」という人にとっては、こちらのページが便利。

f:id:ICHIZO:20190911053413j:plain

iPhone - 選択のサポート - Apple(日本)

流石は、Apple。実にわかりやすく、僕らに、その違いを示してくれる。

で、このiPhone 11シリーズに関して、僕の意見は…?

他ならぬ新iPhoneの発表なのだから、モバイラーの端くれとして、自分なりの意見を語るべき、とも思う。

しかし、どうしても気分が乗らない。

iPhone X以降のiPhoneシリーズは、僕にとって、違う世界のスマートフォンになってしまった気がするからだ。

そんな自分の気持ちを偽って、「iPhone 11は凄いぞ!最高!!」と書くのは、僕の性に合わない。

ただそれは、単なる、僕の価値観。

このiPhone 11シリーズが、前モデルから確実に進化していることは間違いないし、もちろん気になる人は多いだろう。

iPhone 11シリーズの予約注文は、9月13日午後9時から始まる。

これまでは夕方の4時ぐらいから予約開始となるのが常だったけれど、夜の時間になったことで、社会人にとっても予約がしやすくなった、筈。

毎年、新iPhoneの初回ロットは競争となるため、発売日に入手したい!という人は、きっと、13日の夜更けまでが勝負。

Good Luck!

f:id:ICHIZO:20190911035822j:plain

 


マラソン・ジョギングランキングへ