餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

デザイン、チップ、カメラが大刷新!「Google Pixel 6」にGoogleの本気を感じた!

スポンサーリンク

Googleが、この秋に発売を予定しているスマートフォン「Google Pixel 6」のデザインが公開された。

f:id:ICHIZO:20210805034635j:plain

これまでのPixel シリーズから、背面デザインを一新。

カメラが横に並んでバーのような形で配備されるようになった。

好みが分かれるところかもしれないが、斬新で、僕はとても気に入った。

Googleのオンラインストアでも、「Google Pixel 6」の予告が掲載されている。

f:id:ICHIZO:20210805035705j:plain

Google Pixel 6 - Google ストア

 Googleの技術力すべてを、あなたのために。

いやぁ、自信溢れるキャッチコピーではないか。胸が躍る。

「メール配信に登録して、Google Pixel 6の発売情報などの最新情報をいち早くキャッチしよう」と書かれているので、僕は、《ログインして登録》ボタンを押した。

それで、てっきりアドレスの入力画面に変わるのかと思ったら…。

f:id:ICHIZO:20210805040123j:plain

チェックボックスが入って、あっけなく登録が終了していた。

僕は、一瞬「あれっ?」と思ったものの、ほどなく、その理由に気がついた。

僕はGoogle chromeを使ってログインしていたため、その情報が取り込まれたということだろう。

思えば、僕の日常は、すっかり、Googleの手のひらの中で生きている。

ブラウザ、検索、YouTube、マップ、AdSense、そして最近Google傘下になったFitbit。

Googleなしでは生活できないと言っていい。

そんなGoogleが、その技術力すべてをつぎ込むスマートフォン。

注目せずにはいられない。

オンラインストアでは、プロセッサー(チップ)の刷新についても大きく謳っている。

f:id:ICHIZO:20210805043333j:plain

Google が Google Pixel のために開発した初のプロセッサ。

なんと、クアルコムのプロセッサーから、独自開発のものに、切り替えるとのこと。

その実力については未知数だけれど、Googleが本気を出して開発したものなのならば、期待しておいて間違いないだろう。

その他の仕様で、現状判明しているのは以下の通り。

今回は、Google Pixel シリーズとして初の、「Pro」もデルが登場したのも大きな特徴だ。

Google Pixel 6

  • 6.4インチ FHD+ ディスプレイ
  • リフレッシュレート/90Hz
  • 2眼カメラ(広角+超広角)
  • ディスプレイ内指紋センサー

Google Pixel 6 Pro

  • 6.7インチ QHD+ ディスプレイ
  • リフレッシュレート/120Hz
  • 3眼カメラ(広角+超広角+光学4倍望遠
  • ディスプレイ内指紋センサー

無印でも悪くはないが、Proはとにかく気合が入っている。

特に、カメラには注目だ。

Google Pixel シリーズのカメラは、もともと、独自の機械学習処理が素晴らしく、スペックが平凡な割に評判が良かったのだけれど、今回はスペックも大幅に強化してきた印象。

独自のチップ搭載により、処理能力の向上も見込めるだけに、大いに期待できる。

今回、Google Pixel シリーズが、初めてProモデルを発表したのは、もちろん、iPhoneを意識してのものだろう。

いやぁ、これはかなりワクワクするスマートフォンだ。

この秋の発売に向けて、今後もさらにさまざまな情報が明らかになっていくだろうから、それを楽しみに待ちたい。


マラソン・ジョギングランキングへ