餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「平成最後の満月」ラン!

スポンサーリンク

気がつけば、「平成」も、あと1週間となってしまった。

まだまだ先のことだと思っていたのに、月日の経つのは早いものだ。

特に、新元号の「令和」が発表されて以来、「さよなら平成」感が、グッと強まった気がする。

街のあちこちで、あるいは話題の端々に、【平成最後の…】というフレーズが溢れている。

いよいよカウントダウンのタイミングだから、これからは、ますます増えていくだろう。

いちいちその全てを追っていてもキリがないので、僕は殆どスルーしていたが、ひとつだけ、どうしても抑えておくべきイベントがあった。

そう。

「平成最後の満月」だ。

夜明け前ランナーとして…あるいは、走るムーンウォッチャー(?)として、重要なメモリアルデー。見逃してなるものか。

この満月は、先週の金曜日…19日の夜に上り始め、翌20日の朝5時ごろに沈むことになっていた。

そんな19日の夜、あいにく東京の空は曇っていて、月見ができる環境ではなかった。

僕は、「頼む、夜明け前には晴れていてくれ!」と祈りながら、短い睡眠をとり、午前3時前に起床。

早々に、いつものコースへ繰り出すことにした。

冬場と違って、この時期は日の出も早い。

月没時刻になると、もう、空は完全に明るくなってしまうため、満月鑑賞どころではなくなってしまうからである。

ということで、とるものもとりあえず走り出すと、幸い空は晴れており…。 

f:id:ICHIZO:20190423194100j:plain

満月が見えた!

f:id:ICHIZO:20190423185146j:plain

まごう事なき、平成最後の満月。

平成だろうが令和だろうが、あるいは、この先どんなに元号が変わろうと、月は同じように存在しているのだけれど、でも、やっぱり僕は感慨深かった。

僕は、しばらく見惚れながら走っていると…。

f:id:ICHIZO:20190423193509j:plain

あっという間に空が青くなってきた。月もどんどん沈んでいく。 

f:id:ICHIZO:20190423194302j:plain

河北橋下。僕の定点撮影ポイントだ。もう、空はすっかり明るい。

そして…。

f:id:ICHIZO:20190423194430j:plain

荒川に上る太陽。

もちろんこれは、《平成最後の太陽》ではなく、いつも通りの日の出だ。

僕は、ここでふと思った。

今年、5月1日は、新元号で迎える初めての日。

となると、その日に上る太陽は、《令和》の《初日の出》になるわけか。

これはまた、メモリアルランが必要かもしれないw

【蛇足】

天体物理学の博士号を持つ、「あの」ブライアン・メイが作った、月の写真集が発売されているようだ。

 Mission Moon 3-D: A New Perspective on the Space Race (The MIT Press)

 クイーン好き、ムーンウォッチャーとしては、ちょっと気になる(^^;


マラソン・ジョギングランキングへ