餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

5月の酷暑!でも、夜明けランなら快適♪

スポンサーリンク

いったいなんなんだ、この暑さは。

今月中旬あたりから、最高気温は上昇していたけれど、とりわけ、昨日からの暑さは異常だ。

昨日は、東京でも、今年初めての真夏日となった。

去年は6月9日だったようなので、なんと2週間以上も早い。

まだ梅雨の気配さえも見えないというのに、異常すぎる。

そして今日も、予報ではこんな感じになっている。

f:id:ICHIZO:20190525111859p:plain

気象庁 | 全国: 日中の最高気温(℃)2019年5月25日の予想

オレンジが25℃以上(夏日)、赤は30℃以上(真夏日)。

日本列島が真っ赤に染まって、まるで蒸し風呂のようではないか。

こういう天気予報が外れることは(残念ながら)滅多にない。

案の定、今日の東京は、午前11時の段階で既に真夏日となった。

いやはや、本当に勘弁して欲しい。

天気予報によると、この猛暑、酷暑は明日まで続くようだ。

まだ、身体が暑さに慣れていないため、外出には十分な注意が必要だろう。 

この暑さは、もちろん、ランナーにとっても非常に厳しい環境と言える。

しかし、こういった初夏の酷暑には、対策がある。

この時期、突然やってくる《酷暑》は、日中ぐんぐんと気温が上がるのが大きな特徴。

真夏の《酷暑》では、終日うだるような暑さとなり、夜も熱帯夜になったりするが、この時期は、違う。

朝晩は、一応気温が下がるのだ。

そう。だから、夜明け前ランならば、実は快適なのである。

夜ランでも良いと思うが、日が長い今の時期は、昼の暑さを引きずるため、夜明け前ほどは気温が下がらない。

だから、夜明けランのほうがオススメなのだ。

この時期は、日の出の時間も早い(今日の東京は4:29)ため、厳しいと思う人もいるかもしれない。

が、もしも快適なラン環境を得たいなら、努力する価値はある。

まぁ、僕は歳が歳なので、勝手に身体が起きてしまうのだけれどw

…ということで、今日は、お気に入りの公園に出向いて少し走ってきた。

f:id:ICHIZO:20190525134627j:plain

公園に着いても、まだ空は薄暗く、天空には下弦の月が輝いていた。

この時間は全く暑くなく、風を受けると、涼しさを感じるほど、快適。僕は、やおら走り出す。

f:id:ICHIZO:20190525134939j:plain

周回を重ねていると、夜が明けた。

1日の内で、もっとも気温が低くなる時間帯だ。実に快適。

f:id:ICHIZO:20190525135106j:plain

太陽が完全に姿を見せてきたところで、今日のランは打ち止めにした。

f:id:ICHIZO:20190525135514j:plain

こんなコースを、たんたんと、ぐるぐると周回。

f:id:ICHIZO:20190525135435j:plain

Garminによると、気温は17℃とのこと。どうりで快適なわけだ。

f:id:ICHIZO:20190525135653j:plain

気持ちよく走れたおかげで、鈍足の僕にしては、そんなに悪くないペース。いい練習になったと思う。

やっぱり5月の酷暑には、夜明けランが最適。超オススメだ。

しかし、そんな僕も、明日は…。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ