餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「大阪王将」監修《餃子味》ピザサンドを焼いてみた!

スポンサーリンク

「大阪王将」監修の《餃子味》ピザサンドは、ほぼ餃子だ。

「ほぼ餃子」と「餃子」の間には、超えられない壁が存在するものの、例えば、餃子ドッグのような「なんちゃって餃子」よりは、餃子度が高い、と僕は思う。

世間において、手羽餃子なる「エセ餃子」が、一定の市民権を得ている(認めたくないが)なら、僕は、このピザサンドこそ餃子仲間だと広めたい。

ということで、その普及に努めるべく、さらに餃子度を高める実験を行おうと思った。

ピザサンドを焼いてみるのだ。

この食べ物は、電子レンジ調理を前提としているため、まずは電子レンジであたためたあと、ごま油を薄くひいたフライパンで焼くことにした。

本当は、両面焼きしたかったのだけれど、皮のつなぎ目が緩く、ひっくり返すと中身が全部出てしまいそうに思えたので、断念。

焼き色がついたら…フライパンに皿をかぶせ、ひっくり返して盛りつけた。

f:id:ICHIZO:20210221051203j:plain

うーん。ちょっと思っていたようなイメージと違う。

焼き餃子につきものの《ひだ》がないせいかもしれないが、思ったほど餃子っぽくはならなかった。

むしろ、お好み焼きやクレープのような、粉もん一族の雰囲気を醸し出している。

まぁ、もともとこれはピザサンドなのだから、粉もん一族なのだろうけれど。

f:id:ICHIZO:20210221052452j:plain

ビールとの競演。

これはこれで悪くない。それなりのインパクトがあるし、大阪王将の通常メニューに加えて欲しいぐらいだ。

さぁ、餃子っぽさが強まっているかどうか、味わってみよう。

f:id:ICHIZO:20210221052739j:plain

皮のかりかり感が心地いい。

油で焼いたことにより、食感が変わって新鮮。ごま油の風味も心地よくて、美味しさがアップしたような気がする。

その具は、大阪王将監修だけあって、餃子っぽくてジューシー。

ひと手間かけてしまうものの、それだけの価値はある気がした。

ただ…。

これは焼き餃子なのか?と言われると、ちょっと微妙なところ。

焼いたことにより、皮の《粉っぽさ》が強調されてしまった感じで、焼き餃子の皮とは明らかに違う雰囲気になったからだ。

油の量や焼き方を工夫すれば、もう少し焼き餃子に近づけることができるかもしれないけれど、そこまでしてこれを食べるなら、普通に餃子を焼いた方がいいと思うw


マラソン・ジョギングランキングへ