餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

大阪王将@ホーチミン店で、焼き餃子2種とスイートチリソース

スポンサーリンク

高島屋ホーチミン店5F、レストラン街の一角。

f:id:ICHIZO:20190721133410j:plain

ASIAN CORNERゾーンの中に、「大阪王将」のテナントは入っている。

ロゴなどは、日本と同じものを使っており、料理メニューも同様に用意されていたが、似て異なる部分もいろいろあった。

僕は、最近、日本で大阪王将に行っていないため、もしかしたら、最近は変化してきているのかもしれない。

f:id:ICHIZO:20190721122523j:plain

しかし、少なくとも、こんなセットメニューはなかったと思う。

味噌汁なんてついていただろうか?

まぁ、僕は、そもそもこういったセット品を食べないのでどうでもよかった。

注目すべきは、もちろん餃子。

f:id:ICHIZO:20190721122545j:plain

 一見すると(あまり美味しそうな写真ではないけれど)日本の店で出てくるものと同じ餃子のように思える。

キムチやチーズなどのトッピング系も、単に餃子の上に乗せているだけだし、同様のものは、過去のフェアメニューでは、見かけたような気もするので、そんなに違和感はない。

今回、僕が気になったのは、これ。

f:id:ICHIZO:20190721123724j:plain
オレンジ色をした、餃子のタレ(?)である。

いったい何だろうと思い、皿に注いで一口舐めてみると、甘かった。

これでようやく僕は、それが何かを理解した。スイートチリソースだ。

餃子にスイートチリソース?と思ったが、ここはベトナム…ということを考えると、不思議ではない。

ベトナム料理として有名なもののひとつに、生春巻きがあるが、生春巻きにスイートチリソースは欠かせないからである。

春巻きと餃子は、《包みもの系料理》として繋がっているため、春巻きに合うのであれば、餃子とだって合う筈!

…という理由かどうかは知らないが、ここベトナムでは、違和感のないタレなのだと思う。

ならば試してみようじゃないか。

僕は、そう思って、「元祖焼き餃子」と「海老焼き餃子」を注文。もちろん、ビールもあわせて頼んだ。

海老焼き餃子というのも、日本の大阪王将にはない(フェアメニューなどでは存在していたのかもしれないが、少なくともレギュラーメニューとしてはない筈)ので、それもちょっと楽しみだった。

f:id:ICHIZO:20190721123403j:plain

ビールのラインナップはこんな感じ。

東南アジアに来たのだから…とタイガービールを注文したのだけれど、残念ながら売り切れで、ハイネケンかサッポロしかないとのこと。

仕方ない。ならばサッポロだ。

待つこと10分程度。

f:id:ICHIZO:20190721124701j:plain

餃子とビールがやってきた!

紛れもなく、「大阪王将の餃子」というビジュアルだ。

餃子2種類は、味気ない皿に、まとめて乗せられて登場。ビールも缶のままだったので、ちょっとだけ興ざめしてしまったが、まぁ、これでも餃ビーは餃ビー。

日本から遠く離れた地で、大阪王将の餃子を食べられるのだから、文句は言うまい。

f:id:ICHIZO:20190721145104j:plain

ということで、まずは、元祖焼き餃子を、このタレにつけて食べてみた。

個人的な感想を言うと、その相性は微妙。

元祖焼き餃子の具は、野菜系で淡白な味わい。ニンニクの味もほとんどしないため、パンチ力に乏しい。

大阪王将の餃子を食べるのが久しぶりなので、確信は持てないが、ここまで淡白だったかなぁ…と思うほど、インパクトが薄かった。

そんな餃子だから、スイートチリソースをつけると、餃子が、タレの味に負けて、不思議な味わいになってしまう。

これは普通のタレがいい。そのため僕は、2つめからは、普通のタレ(写真左奥)をつけて食べることにした。このタレならば、まぁ、餃子を食べている、という感じがする筈だからだ。

僕は、ちょっと落ち込んだ気分になりながら、もう1種の焼き餃子、海老焼き餃子を齧ってみた。

f:id:ICHIZO:20190721145212j:plain

うわっ。全然違う。

外見のビジュアルこそ、元祖焼き餃子と同じだったが、その具は完全に異なっていた。

野菜の味わいは殆どなく、豚肉と海老がぎゅっと詰まっている。実に食べ応えのある餃子だ。

僕は、その想定外の味わいに嬉しくなり、「もしかすると…」と思い、恐る恐る、これもスイートチリソースにつけてみた。

f:id:ICHIZO:20190721145414j:plain

おぉっ、合うじゃないか!旨いぞこれは!

僕は思わず、そう叫びたくなってしまった。

濃厚な肉と海老の味わいには、スイートチリソースがいいアクセントになる。

思えば、生春巻きにも海老は欠かせないし、中身がぎっしり詰まっていると言う点でも共通項はある。

だから、ホーチミン店には、オリジナルの海老焼き餃子があり、そして、スイートチリソースがあるのだ。

僕はそう得心して、餃ビーランチを堪能した。

いやぁ、何ごとも、試してみないとわからないし、大きな発見があるものだ。

餃子の世界は、かくも奥深い。


マラソン・ジョギングランキングへ