餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シンスプリントじゃなくて、蜂窩織炎…?

スポンサーリンク

なんだか最近、やたらと寒い。

もう5月下旬だというのに、この寒さはいったい何なんだ。

もちろん、真冬の寒さに比べればたいしたことはないのだけれど、僕は極度の冷え性なので、身体に沁みる。

特に、朝晩の冷え込みは半端じゃない。

じっとしていると寒くて震えてくるので、そういうときはランニングに限る…のだけれど、残念ながら、僕は今故障中。

だから、どうにもこうにもストレスがたまる。

僕の故障は、以前のエントリーで書いたように、シンスプリント。

…だと思っていたのだけれど、その後、行きつけの整形外科医で診断してもらったところ、そうではないと云われてしまった。

先生は、僕の症状を尋ね、患部を確認し、レントゲンを撮った後、こう云った。

「ランナーに多い、シンスプリントと症状は似ているんですが、痛む箇所が若干異なります。」

えっ?シンスプリントじゃない?

そして、手書きでスラスラとメモを書いて、僕にそれを見せた。

「患部に腫れも見られますので、おそらく、蜂窩織炎かと思います。インターネットとかでも検索すれば出てきますので、調べてみてください。」

蜂窩織炎…?

僕はそれまで、見たことも聞いたこともない病気だったが、帰宅後インターネットで調べてみると、沢山の症例が見つかった。

なんと、感染症なのか。

悪化すると、入院しなければならなくなるほどの病気らしい。

人から人にはうつらないとのことだが、今の時期、感染症にかかるというのは、なかなか厄介だなぁ…と思った。

先生曰く、僕の場合は、まだ初期症状なので、抗生物質を飲んで、アイシングを徹底すれば、おそらく早めに治るだろうとのことだった。

筋肉や骨には問題がないようなので、「走っても大丈夫」と先生は云う。

しかし、安静にしていた方が治りが早いため、「できればランニングも控えた方が良い」とのことだった。

僕は、先生の指示に従うことにした。

今は、歩いただけでも少し痛みが出るので、無理をして走っても仕方がない。

先生の診断通り、シンスプリントでないならば、きっと投薬と安静で、ほどなく治るのだと信じよう。

今日は休日なので、平日はなかなかできないアイシングをしながら、読書にでもいそしもうかと思っている。

こんなに身体が寒いのに、アイシングをするというのは、どうにも気が重いけれどw

f:id:ICHIZO:20200523081148j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ