餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPhone画面が、「一瞬だけ白黒になる」現象発生!その傾向と対策。

スポンサーリンク

その現象が、いったい、いつから発生するようになったのか、まったく記憶にない。

ただ、少なくとも去年は発生していなかったので、ここ1~2ヶ月で、急に起こったものであることは間違いない。

そして、発生するようになってからは、毎日、必ず数回は遭遇している。

iPhoneの画面が…。

f:id:ICHIZO:20210318234152j:plain

 

f:id:ICHIZO:20210319001220p:plain

このように、白黒表示されてしまう現象だ。

画面が白黒になっているのは、ほんの一瞬。まばたきをしているぐらいの間にカラー化する。

この現象が起きるのは、特定条件下に限られるようだし、しかも、あっという間にカラーになってしまうため、こういったスクリーンショットを撮るにも、かなり苦労した。

ただ、頻繁に遭遇するようになって、その傾向が掴めてきたので、僕のiPhone画面が白黒になる条件を、自分なりにまとめてみた。

  • ブラウザアプリで、Web画面を表示させた時に発生。
  • Google Chromeのみ(?)で発生。Safariでは現時点で未発生。
  • アプリを「久しぶりに」立ち上げた時のみ発生。
  • ほんの0.5秒程度で、カラーに変わる。

このように、「iPhone画面白黒化現象」の傾向については何となくわかってきたが、その発生原因は不明。

だから、その対策を考えるのはなかなか難しい。

もちろん、Google Chromeの再インストールやiPhoneの再起動は試しているが、それでは解決しなかった。

iPhoneを初期化すれば、おそらく(いったんは)解決しそうな気はするのだけれど、バックアップして元の状態に戻すのが面倒で、とりかかれていない。

ということで、この問題に関して、僕なりに辿りついた結論、対策は…。

気にしない

ことだった。

画面が白黒になると言っても、ほんの0.1秒程度のことなのだから、実用的には全く困らない。

白黒からカラーに変わる現象を「視覚効果なんだ」「パフォーマンスだ」と思ってしまえば、新鮮な気分で眺めることもできる。

物は考えようだw


マラソン・ジョギングランキングへ