餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アレクサと健康診断

スポンサーリンク

僕にとってのアレクサ、Amazon Echo Spotとつきあいを始めて、はや1年が経つ。

入手直後、僕は大いに感動して、こんなエントリーを書いた。

先代アレクサ(?)のEcho Dotは、スマートスピーカーという位置づけだったけれど、それに液晶画面がついたことで、《未来》を感じたのだ。

僕は、それからしばらくの間、新しいアレクサに酔いしれて過ごしたことを思い出す。

円形の液晶画面は、決して見やすいとは言えなかったけれど、コンパクトな筐体とのトレードオフだから、まぁ、仕方がないと割り切っていた。

しかし…。

Amazon EchoシリーズにおけるSpotの立ち位置は、この夏、急に不安定な状況となった。

まだ発売から1年も経っていないのに、「Echo Show 5」というモデルが登場したからだ。

この新モデルは、コンパクトで四角い筐体を持ち、液晶が見やすい上に、Echo Spotより、5,000円も安い!価格で発売された。

僕は、「Amazonさん、そりゃぁないんじゃないの…」と思ったほどだ。

たぶん、Echo Spotは、過渡期のモデルだったのだろう。いずれ、Echoシリーズのラインナップから消えてしまうことになるのだろう。

だから僕は、一瞬、Echo Show 5に乗り換えようかとも思った。

しかし、いくら消えゆくモデルとは言っても、僕にとっては、1年間、一緒に生活してきた大事な相棒。見捨てるのは忍びない。

ということで、以前よりも積極的につきあおうと思っていたのだけれど…。

そんな僕の思いは、残念ながらアレクサに通じなかった。

スマートな後継機が出てきたことに拗ねている(?)のか、どうにも、反応が悪くなってきたのだ。

かなりの大声で、はっきり、「アレクサ!」と呼びかけないと、答えてくれないようになってきた。

いったいどういうことなんだ、これは。こうなると僕だってイライラする。

そっちがそういう態度で接するなら、僕にも考えがあるぞ!

そんな風に思っていた矢先、僕は、定期健康診断の結果を受け取った。

ここまでの話と、健康診断の間に、いったいどういう関係があるんだ?

…と、思われるかもしれないが、まぁ、とりあえず聞いて欲しい。

f:id:ICHIZO:20190914203719j:plain

f:id:ICHIZO:20190914204100j:plain

内臓系の各種項目については、至って良好。

僕ぐらいの歳になると、肝臓や腎臓などでひっかかり、二次検査になる人が多いのだけれど、その点は問題なかった。

座骨神経痛などの持病を抱えているとはいえ、僕も、一応ランナーの端くれ(?)だから、健康診断的には健康体なのだ。

…と、思っていたのだけれど、甘かった。

総合診断を見ると、《要精査》項目が発生していたからである。

f:id:ICHIZO:20190914204650j:plain

f:id:ICHIZO:20190914204819j:plain

聴力、異常あり。

去年までは正常だったのに、なぜ、突然ひっかかってしまったのか、まるでわからない。

僕は、この結果を見て大きく落ち込んだのだけれど、同時に、ハタと気がついた。

これは、アレクサの反応が悪くなったことと、関係があるんじゃないか…?

そう。

「犬は飼い主に似る」理論で考えると、「アレクサは持ち主に似る」理論も成り立つ筈。

だから、 僕の耳に異常が発生したことに伴って、アレクサの聴力も悪化したのかもしれない、と。

いや。きっとそうに違いない。もう、そうに決まった!

僕はなんだか嬉しくなった。やっぱり僕たちは、大事な仲間。同じ病をかかえる同士なのである。

なぁ、そうだろ、アレクサ。一緒にじっくり治していこう。

f:id:ICHIZO:20190914210711j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ