餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ランナーが消えた!…わけじゃなかった「ランナーズ」オリジナルカレンダー2021

スポンサーリンク

昨晩帰宅すると、「ランナーズ」が届いていた。

f:id:ICHIZO:20201119024632j:plain

月刊ランナーズ2021年1月号

今月は、ビニール封筒が、かなりの厚みになっていたため、いったい何だろうと思っていたら…。

本誌以外にも色々なものが封入されていた。

f:id:ICHIZO:20201119020345j:plain

特別付録のランナーズダイアリー。

f:id:ICHIZO:20201119020522j:plain

日清オイリオのMCT CHARGEゼリー PRO(試供品。3個も入っていたので嬉しい。)

そして…。

f:id:ICHIZO:20201119020631j:plain

定期購読者特典の「ランナーズ」オリジナルカレンダーである。

僕は毎年、1月号に同封される、このオリジナルカレンダーを、とても気に入っていた。

月ごとに、国内外のレース写真が掲載されており、その臨場感に酔うことができるからだ。

例えば、今年の9月は、ベルリンマラソンの写真が掲載されていたので…

僕は、ベルリンマラソンの追憶と感動に浸ったことを思い出す。

今月、11月は、大阪マラソンの写真が掲載。

f:id:ICHIZO:20201119020951j:plain

これもまた、2年前に走った大阪マラソンのレースが甦ってきて、胸が熱くなった。

だから、2021年のカレンダーには、どんなレースが掲載されるのか、とても楽しみだったのだ。

ただ、いざその表紙を見た時、僕は、大きな違和感を抱いた。

「レース写真じゃない!」「ランナーがいない!」と思ったのだ。

いや。

よく見ると、ランナーは、いた。

f:id:ICHIZO:20201119021523j:plain

ここ。

f:id:ICHIZO:20201119021541j:plain

石川県輪島市の海岸沿いを、ひとりのランナーが淡々と走っていたのだ。

そう。

今年の「ランナーズ」オリジナルカレンダーのテーマは、《日本を走ろう》ということで、日本各地を、ひとりのランナーが淡々と走る姿の写真を掲載する形式になっていた。

《日本を走ろう》は、もともと「ランナーズ」本誌で連載されていた企画。

ランナーたちの写真が溢れる同誌においては、渋い位置づけのものだった。

しかし、それが逆に今、脚光を浴びる展開になった。

現状、日本のみならず、世界中で、マラソン大会が中止、自粛に追い込まれている。

そう考えると、日本国内で淡々と走るランナーの写真は、今の時代に合ったものなのかもしれない。

ただ…。

2021年のカレンダーということを考えると、僕はやっぱり、レース写真で楽しませて欲しかった。

実際のマラソンレースが、以前のように復活するかどうかは、まだよくわからない。

でも、せめて、カレンダーの中では、レースの夢を見ていたかったんだけれどなぁ。

f:id:ICHIZO:20201119024553j:plain

まぁ、これはこれで素晴らしい写真だと思うけれど…。


マラソン・ジョギングランキングへ