餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPad mini 6のお供に最高!マイクロソフトデザイナー コンパクト キーボード&ロジクール Pebble M350マウス

スポンサーリンク

iPad mini 6なしではいられない。

そう思うぐらい、僕は今、iPad mini 6に夢中だ。

その重量は295gしかないので、昨今の大型化したスマホより、たった100g程度重いだけ。

それでいて、8.3インチの大画面が使えるのだから申し分ない。

iPad mini 6は単体でも素晴らしいけれど、周辺機器と組み合わせて使うと、その魅力はさらに増す。

僕が今、もっぱら気に入っているのは、このコンビ。

f:id:ICHIZO:20211014045854j:plain

マイクロソフトデザイナー コンパクト キーボードとロジクール ワイヤレスマウス。

この3点セットで、いつでもどこでも、快適に作業ができる。

キーボードもマウスも、ケーブルレスのBluetooth接続なので、スイッチをオンにするだけで、すぐにiPad miniと繋がる。

いやはや素晴らしい。

iPad miniは、デスクトップPC用のWebページを表示させても快適だから、ブログの更新や修正などにも向いている。

僕は基本的に、家のデスクトップPCで、このブログを作成しているが、外出先などで、その構成を見直したい場合などがよくある。

そんな時、家と同じような環境で作業ができるのは、本当に便利だ。

マイクロソフトコンパクトキーボードは、とにかくキータッチが抜群だし、そのデザインも完璧。無駄な部分が一切なく、薄くて軽くて、申し分ない。

これは、amazonなどで普通に販売されているが…。

日本国内では、日本語キーボード版しか入手することができない。

僕は、英語キーにこだわるたちなので、わざわざ米国のamazon.comから輸入した。

しかし、その手間をかけるだけのことがある逸品だ。

購入してから、かれこれ4ヶ月になるが、未だに僕は惚れ込んでいる。

あまりに気に入ったので、追加でブラックモデルを購入してしまったほど。

これ1台で、3つのガジェットと連携できるため、iPad mini 6の他、iPhone SE、Mi 11 Lite 5Gと切り替えながら使えるのも便利だ。

そして。

f:id:ICHIZO:20211014043139j:plain

ロジクール ワイヤレスマウス  Pebble SE-M350OW

このマウスがこれまた最高だった。

Webでの評価がめちゃめちゃ高い商品なので、「今更かよ!」と言われそうなのだけれど、それでも、書かずにはいられない。

「スリム。静音。モダン。」のキャッチコピーはダテじゃない。

とにかく薄いし、軽いし、クリック音も殆どしないのに、操作性抜群。

ちょっと感動したのが、そのメンテナンス性。

電池交換は、上蓋を外すだけでよく、しかもこれがマグネット接続なので、ストレスフリーで交換できるのだ。

f:id:ICHIZO:20211014043631j:plain

いやはや素晴らしいではないか。

単3電池1本で18ヶ月も保つため、電池交換の機会は多くないだろうけれど、それでも、やっぱり便利。

電池の隣には、小型USBレシーバーもついているので、Bluetoothを搭載していないPCなどとも接続が可能。

信頼のロジクールブランドで、その価格は2,400円程度なのだから、文句のつけようがない逸品だ。

僕は、これらのキーボード&マウスを、このケースに入れて持ち歩いている。

これがもう、マイクロソフト純正なんじゃないかと思うほど、完璧にジャストフィット。

f:id:ICHIZO:20211014044223j:plain

こんな感じでぴったり入って…。

f:id:ICHIZO:20211014044450j:plain

蓋を閉じれば、キーボードも完全に保護される。

ロジクールのマウスは非常にスリムなので、それほどかさばらないのも魅力だ。

iPad miniと、これらの周辺機器をセットにして持ち歩いても…。

f:id:ICHIZO:20211014044852j:plain

その重量は888g。

持ち運んでも苦にならない重量だし、末広がりで縁起がいい重さなのも魅力だ。(←関係ないw)

iPad miniが、専用ケースとApple Pencil込みの重量であることにも注目して欲しい。

このケースがこれまた薄くて軽いから、全てコミコミの重量でありながら、888gに収まっているのだ。

昨今は、1kgを切るノートPCもあったりするから、「PCの方が便利なんじゃないか?」と思う人もいるかもしれない。

もちろん、PC用途メインで使うのであれば、そちらの方が便利なのだろう。

ただ僕は、外出時、特にPCを必要としていない。

iPad miniなら、移動中の電車内などでも気軽に利用できる上、PCなみのちょっとした作業なども気軽に行うことができるため、僕にとっては、このコンビの方が向いているのである。

iPad miniは、Apple Pencilを使ってさまざまな操作ができるから、そういった点ではPCを凌ぐ点さえある。

いやぁ、本当に、この組み合わせは最高だ。


マラソン・ジョギングランキングへ