餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あぁ、懐かしの「IXY DIGITAL 200a」が甦った!

スポンサーリンク

最近僕は、もっぱら断捨離を進めている。

捨てれば捨てるほどスッキリするし、精神も安定するので、プラス効果しかないと思っている。

しかし…。

ガジェット系だけは、どうにもこうにも捨てられなくて困ることが多い。

先週末、モバイル引き出しを整理していたら、これが出てきて、大いに悩んだ。

f:id:ICHIZO:20200125033647j:plain

Canon IXY DIGITAL 200aだ。

発売は2002年。今を遡ること18年前。僕が初めて買ったデジタルカメラだった。

僕は当時、中田英寿のCMを見て「ビビッ」ときて、購入を決意。

とにかく格好よかったし、なんといっても質感が最高で、猛烈に惚れまくったことを思い出す。

しかし、もう10年以上は間違いなく使っていないし、普通に考えれば断捨離対象。

15年間書き続けている、このブログ*1でも、ネタにしたことはなかったよなぁ、と思っていたら…。

2006年に、1回だけ書いていた。

ただ、この時のエントリーで既に「普段はあまり使っていない予備のデジカメ」と書いているぐらいだから、その歴史は相当なものだ。

僕は、そんなエントリーを懐かしく読みながら、これで、記憶を封印するつもりだった。

どう考えてもバッテリは死んでいるだろうし、実用性は皆無。

となると、やっぱりこれは断捨離対象だろうと思ったのだ。

しかし、モバイル引き出しを整理した際、バッテリチャージャも一緒に発見したため、少しだけ逡巡。

f:id:ICHIZO:20200125033944j:plain

 これを使って、《ダメ元》で充電をしてみようと考えた。

すると…。

f:id:ICHIZO:20200125034033j:plain

おぉぉ、まだ充電できる!

充電完了後、バッテリをIXYに入れて、スイッチオン。

f:id:ICHIZO:20200125034204j:plain

ちゃんと起動した!

掌で掴むと、その筐体はずっしりと重たく、存在感が半端じゃないIXY DIGITAL 200a。

僕は、久しぶりにそれを握りしめていたら、「やっぱりこれは捨てられない」と思い、とりあえずは、実用性を確認してみることにした。

まずは、僕の主食である「東亭の餃子」写真を撮影。

f:id:ICHIZO:20200125034813j:plain

うーん、かなり微妙…。

ちなみに、iPhone SEで撮った写真はこれ。

f:id:ICHIZO:20200125035006j:plain

勝負になってないw

夜明けランでの写真でも、その差はさらに明白。

f:id:ICHIZO:20200125035341j:plain

IXY DIGITAL 200aで撮影。何がなんだかよくわからない。

f:id:ICHIZO:20200125035518j:plain

iPhone SEだとこんな感じ。

iPhone SEは、決して夜景に強いスマホとは言えないが、それでも、IXY DIGITAL 200aとの差は歴然だ。

ということで、実用的にはやっぱり厳しいかなぁと思いつつ、通勤時にも1枚撮ってみたら…。

f:id:ICHIZO:20200125035853j:plain

こんな感じの写真が撮れた。

明るい場所での撮影ならば、まぁ、それなりに悪くない。ブログに載せるぐらいなら、十分とも言える。

ということで、現役続行を決定。今週末も、ちょっといろいろ撮ってみることにしよう。

*1:前身である「言い捨ての小部屋」(はてなダイアリー)時代を含む。


マラソン・ジョギングランキングへ