餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や将棋の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京都新宿区百人町で、ワンコイン餃子セット2種とミルク味の花巻

スポンサーリンク

とある真夏日の昼下がり。

僕は、東中野駅の近辺で、ちょっとした所用を済ませた。

ランチで軽く餃ビーでもしようかと思い、まず頭に浮かんだのは、駅前商店街にある「十番」。

餃子が有名な名店だ。

ただ、例によって行列になっていた為、並ぶのが嫌いな僕は、断念して他の店を探すことにした。

歩いているうちに見つかるだろうと、山手通りから早稲田通りへ。

さながら「孤独のグルメ」のように、ふとした出会いに期待して、ふらふらと歩いていた。

しかし、現実はドラマの世界と違う。偶然素晴らしい店が発見できるほど甘くなかった。

そうこうしているうちに、30分以上が経過。

この日はホントに暑かったし、流石に僕も耐えられなくなってきた。

「腹が…減った」とつぶやくと、脳内にこのメロディーがリフレインした。

こうなるともうタイムアウトだ。

僕は結局スマホに頼ることに決め、そこから一番近くで餃子が食べられる店はどこだろうと検索。

そして、この店を発見した。

その時僕がいた場所からは200m程度の場所だったし、「手作り餃子の店」で通し営業。

いいじゃないか。目指してみよう。

僕の細かい行動なんて、どうせ誰も気にしていないのだから、ドラマよろしく偶然に見つけたことにして紹介する手もあった。

でも…。

東京メトロ東西線 落合駅 徒歩10分
JR中央・総武線 大久保駅 徒歩12分
JR山手線 高田馬場駅 徒歩12分
JR中央・総武線 東中野駅 徒歩14分

どの駅からも約1km

地図 : 春ちゃん 手作り餃子 - 下落合/餃子 [食べログ]

こんな場所にある店を、偶然発見できるもんかw

地名としては「東京都新宿区百人町」になるようだが、都内在住者でも、地名だけで場所をイメージするのは難しいと思う。

都道25号線の支線にあり、車通りは少なく、住宅が多いわけでもない。

僕は、「こんなところに餃子店があるのか?」と思いながら歩いていると…その店は、いきなり姿を現した。

「春ちゃん 手作りぎょうざ」

あっさりとした外観。暖簾もなく、いかにも大陸系の店っぽい感じの店だった。

店頭の手書きボードには、「餃子と卯の花」で500円との表示あり。

おぉ、安いじゃないか。

…ということで入店。

先客はゼロ。

最終的に僕は、1時間以上滞在したのだけれど、後客もゼロだった。

感想についてはこれから詳しく書かせていただくが、味もコスパもそれほど悪くないのに、なぜこんなに人気がないのだろう。

でも、心配はいらない。

来店客はいなくても、ウーバーイーツ系の注文はどんどん入っていて、1時間の間に、3件も引き取りがあったからだ。

こんな感じで、取り置きの料理が次々と出来ていた。

ウーバーイーツ系の注文であれば、立地なんか関係ないもんなぁ…。いい時代になったものだ。

と。僕の話に戻ろう。

驚いたのは、注文を全てタブレットで行うシステムだったこと。

大きな店ならともかく、厨房への呼びかけも簡単にできそうな店なのに、なんでタブレット注文…?と思ったが、その理由はすぐにわかった。

メニューが非常に細かいからだ。

餃子だけでも多種類にわたる上、「焼」と「水」も選択できるので、間違い注文防止の為には、タブレット形式が合っている。

僕は、お得なセットメニューの中から選ぶことにした。

餃子1種類に、ご飯、肉まん、鶏スープのつく餃子ランチセットにもちょっと惹かれたが…。

結局、手書きボードにあった「1Coin餃子セット」を選択。

餃子と卯の花で500円というセットだ。

この中から、餃子を2種類選んで、ビールをつけることにした。

セットには「卯の花」がついてくるので、餃子が出てくるまでのアテはそれで済む、というのも魅力だった。

…ということで、この2種類を注文。

「海老とニラと卵」餃子は《焼》で、「ネギと豚肉」餃子は《水》に決めた。

あわせてビールを頼む。

ほどなくすると…。

セット2人前まとめてという説明とともに、卯の花が出てきた。

ビールとの競演。

卯の花には、ラー油が添えられてきたのに、ちょっと驚いた。

店内で販売も行われている「春ちゃん自家製ラー油」だ。

もちろん、テーブル上にもたっぷり用意されていた。

それは、淡泊な卯の花にも合って、なかなか美味しかったので、販売するだけの価値はあるなぁと思った。

テーブル上には、「醤油」「お酢」の他に、「黒酢」も用意されていた。

壁の表示を眺めながら、つらつらと時間を潰していると…。

餃子2種が登場!

思ったよりも小ぶりだったので、僕は、「もう1種類注文してもよかったかなぁ」と思ったのだけれど…。

出てきた餃子は、小麦粉の皮が厚く、具もたっぷり詰まっており、結構食べ応えがあった。

「海老とニラと卵」の焼餃子。

これは、僕の大好きな餃子の具なので、大いに期待して注文した。

ただ…期待値を上げてしまった分、ちょっと残念な思いも感じた。

卵感が薄く、海老の味も殆ど感じられなかったからだ。肉のインパクトに、他の具が負けている感じだろうか。

卯の花つきで500円*1なのだから、まぁ、そんなに贅沢は言えないのだけれど。

「ネギと豚肉」の水餃子。

こちらは、とても良かった。一口囓ると肉汁がじゅわっとあふれ出て、口内を満たしてくれる。

肉の旨みを十分に感じられる餃子だ。

このままでも十分美味しかったけれど…。

黒酢と自家製ラー油につてけてみても美味しかった。

2皿食べ終わったところで…。

僕は、もう少しだけ何か食べたいと思った。

最初に注文したビールは飲み終わっていたので、少し迷った。

ここで餃子類を注文したら、もう1本ビールを飲みたくなってしまう。

この日は、あまり酔いたくなかった(今の僕は2本だとちょっとキツい)ので、ビールのいらないデザート類にしようと思った。

おやき、パイ、かぼちゃのおもち…。

いろいろと目移りしたが、結局、僕が選んだのは、朝食メニュー(写真撮り忘れ)の中にあった、これ。

「ミルク味の花巻」というメニューだった。

花巻…というと、岩手県の地名を思い浮かべてしまうが、もちろんそれとは全然関係ない。

花巻の読み方は「はなまき」ではなく、「ホアジュアン」で、中華風の蒸しパンらしい。

僕は、基本的に小麦粉ラバーのミルク好きなので、これを注文することにした。

餃子のイメージからして、それほど大きなものは出てこないだろうし、締めの甘味としてちょうどいいと思ったのだ。

しかし…。

これは大きな誤算だった。

出てきたそれは、僕の想像を大きく超えるサイズ。

食べやすいように、真ん中で2つに切断されていた。

断面図。

まさに小麦粉の塊といった感だ。これは食べ応えがありそうだぞ。

実際食べてみると…

蒸しパンというか何というか、いったいなんなんだこれは。

中華まんの皮部分だけを濃縮したような感じで、想像以上にお腹に貯まった。

ミルク味はほんのりとしか感じられず、僕は、コーヒーが欲しくなった。(メニューにない。)

半分食べただけでも結構きつく、味にも飽きてしまったが…。

残り半分は、この「ラー油入り黒酢」に救われた。

これにつけて食べてみると、甘塩っぱい感じで、なかなか悪くなかった。

結局僕は、1時間以上この店にひとりで滞在したが、居心地は結構良かった。

店内には中国音楽が流れ続けており、店員さんたちは中国語で話し続けていたので、異国気分も味わえたからだ。

満足して店を出ると、「朝食メニュー」の看板を見つけた。

この店は、なんと、7時から営業しているのだ。

朝食メニューの中には、僕が食べた「ミルク味の花巻」もあった。これにかぼちゃ粥や豆乳をあわせれば、なかなか充実した朝食になりそうな気がする。

場所的には中途半端なところにある店だけれど、都立戸山公園には結構近い。

戸山公園は、僕の大好きなランニングコースのひとつだ。

普通に朝ランができるような身体に戻せたら、朝ラン帰りに、この店に寄ってみたい。

*1:正確に書くと、この具の餃子だけは、+30円(なぜ?)となっており、530円。


マラソン・ジョギングランキングへ