餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京マラソンコース一部下見&お台場&レインボーブリッジラン!

スポンサーリンク

東京マラソンまで、あと2週間。
最近、走り始めると、腰や左太腿の裏が痛むようになり、体調万全とは言えない。先週などは、荒川河川敷を往復20km走るつもりが、途中で脚が動かなくなり、片道でリタイアして電車で帰ってきたほどだ。
だから今はじっくり静養の時なのかもしれないが、昨日12日のラフィネランニングスタイルイベントで、東京マラソンコースの下見が出来ることを知った。
下見できるのは一部コースだけれど、キツいと言われる34km地点以降の「築地〜東京ビッグサイト」間を走れるのは魅力だった。さらに、レインボーブリッジランもできるということだったので、参加することにした。
ペースはキロ7分程度のゆったりランだし、途中信号で止まったり、休憩もあったりするマラニック的なイベントなので、これならば脚の負担も小さいと思ったからだ。
GARMINで記録したコースは以下の通り。

東京マラソン後半の山場だけでなく、前半の「田町〜東京」辺りもカバーしてくれて、とても良かった。
序盤の「都庁〜日比谷公園」あたりは普段からよく歩いているコースだし、中盤の「銀座〜浅草」往復はイメージがついていた*1ので、それ以外のところを走れて、とても有意義なランだった。

東京ビッグサイトで、ゴール地点を確認できたのは収穫。2週間後には、ここで感動のゴールが待ち受けているのだなぁと思うと、今から胸が高鳴ってきた。
さらに、このイベントでは東京マラソンコース下見以外の楽しみも加わっていた。お台場〜レインボーブリッジランだ。


レインボーブリッジは、傍目で見るにはとても素晴らしく、「おぉ、この上を走れるのか」と興奮したのだけれど…。
実際はそんな甘いものではなかった。橋の上、ノースルートは猛烈な寒風が吹き付けてきて、景色を楽しむ余裕など全くなかった。
終点、芝浦アンカレイジのロビーに辿り着いた時は、ほっとした程だ。

橋の終わり、芝浦方面から見た情景。
スカイツリーや東京タワーなどの姿は拝めず、やはり橋の途中で写真をとっておくべきだったかなぁ(でも風が強すぎて無理^^;)と少し残念だった。
昨日は、なんだかんだで、計22km超のロングラン。
信号で止まりまくった上に、休憩もあって3時間半もかかっているので、殆どランニングの練習にはならなかったかもしれない。しかし、下見できたのは有意義だったし、今の脚の状態を考えると、これぐらいのゆったりランの方がむしろよかった。
あとは、体調を何とか万全に戻して、無事に本番を迎えたい。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:以前、別のマラニックイベントで走ったことがあった。


マラソン・ジョギングランキングへ