餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

これまで見かけてきたスマートフォン集計(利用者編)

スポンサーリンク

昨日の機種編に続いて、今度は利用者の集計結果をご紹介する。全体のサンプル数が50しかない上に、「僕が目撃した」というだけの基準だから、統計的には全く信用ならないと思うけれど、気楽に読み飛ばしていただければと思う。
まずは、性別、年代別の構成比から。
(注)年代は見かけ上の推測なので、隣の年代と間違えている可能性も十分あり得る。性別は、おそらく間違えていない筈*1…だ。

40代男性 16
30代男性 13
20代男性 10
20代女性 5
30代女性 3
50代男性 2
10代男性 1
総計 50
40代男性⇒30代男性⇒20代男性が、階段状に並んだ。10代は、たった1名しか見かけていない。かなり利用者の年代層が高い印象を受けるが、これにはトリックがある。僕がスマートフォンを発見するコアタイムは、主に通勤時間帯なので、必然的に、ビジネスマン層の目撃率が高くなるからだ。学生が集まるような場所や、時間帯であれば、結果は変わってくる可能性があると思う。
面白いのは女性の比率で、20代の方が、30代よりも多くなっている。ただ、女性の歳は、男性以上に判断しにくい場合が多く、それほど、年代別の比率に意味はない。
年代別に、どんな端末を使っているのかというのも調べてみた。まずは、40代男性。
Advanced/W-ZERO3[es]シルバー 5
Advanced/W-ZERO3[es]ブラウニーブラック 2
BlackBerry 8707h 2
W-ZERO3[es]ブラック 2
NOKIA E61 1
vodafone 702NK(NOKIA6630)アルミニウムグレイ 1
W-ZERO3 ガンメタリック(WS004SH) 1
W-ZERO3シャンパンシルバー 1
X01Tホワイト 1
総計 16
Advanced/W-ZERO3[es]シルバーがダントツというのは全体傾向と同じだから、不思議はないけれど、アドエスブラウニーブラック、[es]と並んで、BlackBerry 8707hが入っているというのが渋い。NOKIA E61もこの世代だけであり、ひと味違った個性を感じる。半面、全体ではW-ZERO3シリーズに次ぐ人気だったX02HTを持っている人がいないというのも面白い。X02HTは、40代向きじゃない…のか?うーん。複雑な心境だ。
続いては、30代男性。
Advanced/W-ZERO3[es]シルバー 3
W-ZERO3[es]ブラック 3
Advanced/W-ZERO3[es]ブラウニーブラック 1
EM・ONEホワイト 1
W-ZERO3[es]ホワイト 1
W-ZERO3シャンパンシルバー 1
X01HTブラック 1
X02HTオレンジ 1
X02HTブラック 1
総計 13
アドエスシルバーと並んで、[es]ブラックが3台でトップ。[es]ブラックの健闘が光る。全体世代では、アドエスシルバー18台に対して[es]ブラックは6台と、トリプルスコアになっているからだ。40代では存在しなかったX02HTも、ブラック&オレンジで計2台。さらに、X01HTもある。
続いて、20代男性。
Advanced/W-ZERO3[es]シルバー 4
Advanced/W-ZERO3[es]ブラウニーブラック 2
W-ZERO3ブラック 2
EM・ONEブラック 1
X02HTブラック 1
総計 10
アドエスシルバーを除いては、全て「黒」系でまとまっている。これは意外だった。年配よりも、若い世代の方がカラーリングにこだわりそうな気がしていたのだけれど、実情は逆だったからだ。アドエスも、最初からブラウニーブラックが出ていたなら、20代男性は、全てそちらに流れていたのではなかろうか。そんなことまで想像してしまう。(サンプル数が少ないので、勝手な想像に過ぎないけれど…。)
最後に、女性の分析も。
Advanced/W-ZERO3[es]シルバー 4
vodafone 702NK(NOKIA6630)ボルドールージュ 1
W-ZERO3[es]ブラック 1
W-ZERO3[es]ホワイト 1
X01HTブラック 1
総計 8
サンプル数が少ないので、年代に関係なくまとめてみたけれど、傾向を読み取るのは難しい。アドエスシルバーが多いのは想定通りとしても、その他は1例しかいないので…。アドエスピーチブロッサムが出たときは、「おっ、これで女性が増える!」と思ったのだけれど、未だに目撃できていないのは寂しいところだ。
と…2日にわたって色々と書いてきたけれど、やっぱり、50程度の目撃数で傾向を読み取るのは無理がある。今後も、気長に連載を続けながら、いつかまた、集計を行ってみることにしたい。
【関連】
※スマートフォン情景シリーズのまとめ読み

*1:最近は、女性顔負けに綺麗なニューハーフの方もいらっしゃったりするので、断言はできないけれど。


マラソン・ジョギングランキングへ