餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

極上スタイラスの重さ

スポンサーリンク

Metal Stylus W-ZERO3販売開始! :: pocketgames :: PDA秘宝館(W-ZERO3応援団)
最初は、スタイラスに2,520円も払えるものかぁ、と思っていたのだけれど、僕が心から信頼している方々である、伊藤浩一団長kpppmさんArieさんがこぞって激賞とあっては、我慢ができない。ということで、遅ればせながら注文していたMetal Stylus W-ZERO3が届いた。

結論。大満足の一言。なぜすぐに買わなかったのだろうと思うほどだ。手にずっしりとくる、この重さを一度味わってしまうと、もう標準のスタイラスには戻れない。最近、ちょっとした用途ではF900IT用のストラップスタイラスで済ませていたけれど、細かい操作をする時や、PhatPadなどで手書き文字を書くときは少し厳しかった。このスタイラスを使えば、その心地良い重量感と相まって、実にスムーズに行える。
その重さは、公称6gとなっているが、それを実感すべく、キッチンスケールで量ってみることにした。比較のために、まずは標準のスタイラスから量ってみると…


※標準スタイラスは、ほとんど針が動かない。それに対して…


※Metal Stylus W-ZERO3はしっかりと針が振れる。流石だ。


マラソン・ジョギングランキングへ