餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

GPD Pocketを待ち侘びる赤ポッチの嘆き

スポンサーリンク

赤ポッチが泣いている。

f:id:ICHIZO:20170726051659j:plain

ThinkPadユーザーならば誰でも知っている、トラックポイント・キャップ。通称赤ポッチ。

それが、居場所を求めて泣いているのだ。

僕は、もう十年来のThinkPadユーザーであるが、今回の赤ポッチは、ThinkPad用に購入したものではない。

なぜか「青ポッチ」になってしまった*1GPD Pocketのポインティングデバイスを、付け替えるために入手したのである。

赤ポッチには、クラシック・ドームやソフト・リムなど、さまざまな種類が存在するのだけれど、GPD Pocketに適合するのは、ただひとつ。

ThinkPad ロープロファイルトラックポイント・キャップと呼ばれるものだけなので、注意が必要。

この種類の赤ポッチは、他の種類と比べて、その高さが低くなっているため、僕は購入していなかった。

ThinkPadで使うにはちょっと使いにくい気がしていたからだ。

しかし、GPD Pocketでは、このタイプ以外は高さが合わずに使えない、と言うことだったので、僕は購入を決意した。

f:id:ICHIZO:20170726050336j:plain

 この赤ポッチは、現在、amazonでは入手に時間がかかるような状況になっている。

その理由は…。

f:id:ICHIZO:20170726050408j:plain

まさに、GPD Pocket発売に伴うものだった。

液晶保護フィルムと一緒に購入されていることから、それは明白。やっぱり、みんな、赤ポッチで使いたいと思っているのだ。

僕が注文した時はすぐに届いたので、早めに注文しておいて良かったなぁと思う。ただ、肝心の本体がいつまでたっても届かないのではラチがあかない。

納期が明確であれば、まだ我慢もできるのだけれど、いつ届くのか全くわからない状態で待ち続けるというのは、非常にもどかしい。

クラウドファンディングサイトで申し込んでいるのだから、それもリスクのうち、だと割り切らなければいけないのだろう。

出荷遅れの原因は、不具合が発見されたことらしいので、ならば、修復を待つしかない。それはわかっている。

しかし、同じサイトで申し込んで、6月に届いている人もいるのだ。

しかも、特に不具合などないように思えるレビューが上がっている。

それを見ていると、どうにもこうにも悔しい。

今月中旬から、ようやく発送が再開。

日本向けの発送も始まったというアナウンスがあり、一瞬歓喜したが、そのファイルの中に、僕の注文番号は含まれていなかった。

その後も、クラウドファンディングサイトのINDIEGOGOからは頻繁にメールが来るようになったが、発送済商品のトラッキング状態を調べる内容ばかり。

そして、そのメールは、決まって以下のような文面で結ばれている。

Much appreciated for all your great support and patience for us.
Millions of thanks. Have a nice day !

忍耐に感謝…。

どんなに商品の発送が遅れようと、「お詫び」ではなく、「忍耐に感謝」という文面になるのが、いかにも米国的(?)。

まぁ、それは文化の違いということなのだろうから、わからないでもないが、ちょっと腹立たしくもなってきている。

何度か問い合わせメールもしてみたのだけれど、順次発送していくという定型文章が返ってくるだけで、そのメールも、決まって、以下のひとことで締めくくられている。

Thanks for your patience again...

いったい、いつまでpatienceが続くのだろう。

 

 amazonでも、もう、普通に(それも複数の業者から!)購入できるようになっているのになぁ…。

*1:当初の商品の発表時は、赤ポッチだったのに、製品版では青ポッチに変更されてしまった。その点については、このエントリーで嘆いている。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ