餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

いざ、江ノ島へ!感動のG.W.71kmラン!!(その5:江ノ島上陸。そしてフィニッシュ!)

スポンサーリンク

(承前)

いざ、北鎌倉から江ノ島へ。

最強のニンニク餃子パワーに後押しされて、スパートをかけようと思っていた僕は、大きく出鼻をくじかれた。f:id:ICHIZO:20170527064105j:plain

とにかく道が狭い。狭すぎるのだ。

古都鎌倉、山合の街道は、ゆっくりと散策するには向いているかもしれないが、決してランニング向きとは言えない。

時はゴールデンウィーク真っ盛りであり、天気も上々。歩道は人だらけだし、車道にも車がびゅんびゅん行き交うので、僕は、何度も何度もストップせざるを得なかった。

f:id:ICHIZO:20170527064117j:plain

 建長寺。 

f:id:ICHIZO:20170527064129j:plain

鶴岡八幡宮。

こうなったら、ゆっくり鎌倉観光でもしたいところだったのだけれど、現地での集合時間(14:00)が迫っていたので、そんなにのんびりしている暇もなかった。

f:id:ICHIZO:20170527064139j:plain

 鶴岡八幡宮、参道入口。

この辺りまで来ると、観光客の数も少なく、道も広くなってきたので、僕はようやく、ランのペースを取り戻しつつあった。

そして。

f:id:ICHIZO:20170527064201j:plain

海だ!

待ちに待った、湘南海岸の情景。いやぁ、東京から走り続けて、遂にここまで来たんだなぁ…と思うと、僕は本当に感慨深くなった。 

f:id:ICHIZO:20170527064215j:plain

時は、午後1時を過ぎ、気温がかなり高くなっていたけれど、それよりも、海を見ながら走れる爽快感の方が断然上。

道も広々としていて、申し分のないコース。鎌倉の狭い道でストレスがたまっていたこともあり、僕は、本当に気持ちよく走れた。

このまま、ゴールまでこんな道が続けば申し分なかったのだけれど、残念ながら、少し進むと工事区間になり、道路の反対側、狭い道を走ることになる。

観光客も増えてきて、半分歩き気味になってしまったが、今度は、鎌倉の時ほど落ち込まなかった。

僕は、家からここまでひとりぼっちで走り続けてきたが、ここで、同じゴールを目指すラン仲間と合流でき、話をしながら楽しく走れた上に…。f:id:ICHIZO:20170527064235j:plain

江ノ島が見えてきた!からだ。

僕の脳裏に、懐かしい「勝手にシンドバッド」の歌詞がリフレインする。ワクワクが止まらない。

ここまで来れば、もう、上陸まであと2km程度。心が沸き立つ。

f:id:ICHIZO:20170527064305j:plain

街道から江ノ島へ向かう橋は大混雑で、走るどころか、歩くのだって、スムーズにはいかないほど。

しかし、全く焦る必要はなかった。ゴールは、もう、目の前だったからだ。

f:id:ICHIZO:20170527064319j:plain

フィニッシュ地点は、江ノ島ヨットハーバー。

僕が到着したのは、ちょうど、集合時間の14時ぐらいだったが、もう、かなりのメンバーが先に着いていて、ロビーでは、皆、スッキリとした顔で、0次会(?)を開催していた。

なぜ、スッキリしているかというと、ここには、220円で使える温水シャワーが用意されているから。

もちろん僕も、当然、ゴールするや否や、シャワーを浴びることにした。

f:id:ICHIZO:20170527064540j:plain

いやはや、なんだかんだで71km。

去年のG.Wに実施した、「東京~宇都宮 ひとりウルトラマラソン」の100kmには及ばないが、我ながら、結構走ったものだと思う。

去年は、70km地点の小山あたりで、かなり疲れていた記憶があるのだけれど、今年は、十分な余力も、そして食欲もあった。

いや、「食欲もあった」などというレベルじゃない。

シャワーを浴びてスッキリした身体は、ロングランのご褒美を、今か今かと待ちわびていたのだ。

(次回完結)

 

 

江ノ島

江ノ島

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ