餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京マラソン、追加抽選結果のご報告

スポンサーリンク

昨日は、朝から落ち着かなかった。

東京マラソンの追加抽選結果について、ONE TOKYOの事務局から通達が来る日になっていたからだ。

これは、ONE TOKYOプレミアム会員限定の特典で、入金忘れなどで発生した枠が、再度配分されるものだった。

「プレミアム」「特典」というのは名ばかり*1ではあったものの、それでも、僕は、一縷の望みを抱いて、当選通知が来ることを祈った。

しかし…。

 午前中いっぱい待ってみても、一向に通知が来る気配はなかった。

昼休みにTwitterで「東京マラソン」「追加抽選」などと検索してみると、多くの人がやきもきしていたようだったので、僕だけのことではないとほっとしたものの、やはり、気がかかりだった。

ONE TOKYOのマイページなどを確認しても、「二次抽選待ち」の表示になっており、状況は一向に変わらなかった。

ということで、僕は、午後の仕事の間も、ずっと気になっていた。

しかし、なんだかんだで忙殺されて、僕がメールを確認できたのは、終業ベルが鳴った後。

果たして、ONE TOKYOからのメールが届いていた。

f:id:ICHIZO:20161123065339j:plain

このタイトルを見て、一気に僕の心拍数が上がった。

ドキドキしながらクリックしてみると…。

f:id:ICHIZO:20161123065457j:plain

やはり落選orz

これで、ジ・エンド。一般抽選に落ち、チャリティ応募も間に合わなかった時点で、ほぼ諦めてはいたのだけれど、僕は、心のどこかで「奇跡」が起きることを信じていた。

しかし、世の中は、そんなに甘くない。焦がれ続けた東京マラソン2017出走の夢は、完全に閉ざされてしまった。

f:id:ICHIZO:20161123065917j:plain

ONE TOKYOのマイページも更新されていた。

2015年までの快進撃(?)と2016年以降の落差が激しい。思えば、あの4回連続出場で、僕は、一生の「東京マラソン抽選運」を使い果たしてしまったのかもしれない。

今から思えば、4回連続出走できたことこそが「奇跡」で、贅沢言うな!と詰られるかもしれない。

でも、やっぱり、新コースになった東京を走ってみたかった。

次年度は、最初からチャリティに決め打ちして臨もうかなぁ…。

 

 

RUN + TRAIL 別冊 東京マラソン2016 (SAN-EI MOOK RUN+TRAIL別冊)

RUN + TRAIL 別冊 東京マラソン2016 (SAN-EI MOOK RUN+TRAIL別冊)

 

 

*1:ONE TOKYOプレミアム会員は、3万人近くもいるようだし、入金忘れなどがそれほど発生するとは思えないので、一般抽選(約12倍)以上の競争倍率だったことは確実。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ