読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ラン歴5周年を迎えて、振り返ってみたこと(その3:想定外)

Running
スポンサーリンク

(承前)
勝田全国マラソン以後、僕のレース予定は、次のようになっていた。

  • 2月 森林公園完走マラソン(ハーフ)
  • 3月 TAKASAKI CITY はるな梅マラソン(ハーフ)
  • 4月 かすみがうらマラソン(フル)
  • 5月 洞爺湖マラソン(フル)
  • 5月 山中湖ロードレース(ハーフ)

走り始めてから、ちょうど半年。
走るのが本当に面白くなってきた頃だったから、僕は、次々とレース予定を入れまくっていたのだ。
僕の最大目標は、フルでサブ4*1だったから、ハーフをステップに、目標のフルレースを2つ設定した。
4月のかすみがうらで達成できればベストだけれど、もしもそれが間に合わなくても、洞爺湖では何とか達成したいと願っていた。
ハーフのレースにも楽しみはあった。初っぱなの森林公園完走マラソンこそ、大雪で満身創痍になって走ることになってしまったが、これはきっと珍しいケース。その後は、榛名山の梅や山中湖の富士山を見ながら、楽しんで走れると思っていた。
毎月、レースが本当に楽しみだなぁ…と思いながら、練習を続けていた僕を、いや、日本を、とんでもない想定外の事態が襲った。
時は、2011年3月11日。


地震情報 2011年3月11日 14時46分頃発生 最大震度:7 震源地:三陸沖 - 日本気象協会 tenki.jp:

そう、東日本大震災だ。
あの日のことは、一生忘れない。それから1週間ぐらいは、走る気分など全く起きなくなってしまったほど。
当然のことながら、東日本で開催されるマラソン大会にも影響が生じた。
TAKASAKI CITY はるな梅マラソンが開催される筈だった日は、地震発生から2日後の3月13日。マラソン大会の実施などあり得ない。
ということで、主催者からは、早々に「はるな梅マラソンは、東北地方太平洋沖地震及び福島県原発事故を受けて中止」という旨の通知が発信された。
地震、そして原発の影響は、東日本のレースに大きく尾を引き、地震から1ヶ月以上先の「かすみがうらマラソン」も早々に中止が決定した。
茨城県も、大きな被害の出た地域。当時は、まだまだマラソンなどをやっているような状況ではなかったのだ。
僕は、目標レースを失って大きなショックを受けたが、状況が状況だけに仕方ないと諦めた。4月の時点で、洞爺湖マラソンと山中湖ロードレースは開催予定だったので、この2つのレースを楽しもう。そう思いながら、練習を重ねていた。
2011年5月17日。僕は北海道に飛んだ。北海道は、流石に震災や原発の影響が殆どなく、レースは予定通りの開催、となった。
僕は、レース前日に洞爺湖畔の景色や前夜祭を堪能し、翌朝、清々しい気分でレース会場へ向かったのだけれど…。

僕は、目を疑った。あり得ない。そう思った。けれど現実は冷酷だった。どんなに僕が驚こうが嘆こうが、失われた22.195kmが還ってくることはない。僕が夢見ていた洞爺湖フルマラソンの道程は、ハーフにも満たない、中途半端な20kmマラソン(しかも公認記録は10kmしか残らない!)に変わってしまったのだ。あぁ。
失われた22.195km〜洞爺湖マラソン2011の驚愕 - 言い捨ての小部屋:

まさかの距離短縮…。
この時は本当にショックだったなぁ。わざわざ、高いコストをかけて、震災の影響がない地、北海道まで遠征し、待望のフルが走れると思ったのに。
しかし、まぁ、レース中に崖崩れなど起きて大事故になるよりは…と、僕は無理矢理自分を納得させた。
そして、春シーズンの区切り、山中湖ロードレースで憂さを晴らそうと思った。初ハーフだった富士スピードウェイのレースと同じく、山中湖畔の富士山に力をもらって、レースを楽しもうと思ったのだ。
ところが…。

レースの間も、雨は一向に収まることなく、時折スコールのようになって身体に降り注いできた。上半身はポンチョを着ていたが、長袖シャツの袖はびしょ濡れだし、タイツもぐっしょり。身体じゅうが重くなる中、走り続けるのはやっぱりきつかった。
土砂降りの雨、水溜まり、そして泥田の1時間45分〜山中湖ロードレース - 言い捨ての小部屋:

凄まじい豪雨だった。
これもまさに想定外。台風2号の影響で、大雨洪水警報が出ている中でのレース。僕がこれまで走ってきた5年間のレースで、最大かつ最凶の悪天候。いやはや、よくこんな天気の中を走ったものだと思う。
富士山などは当然拝めるわけもなく、僕の春シーズンは最後まで想定外続きだった。
ということで、目標達成どころか、想定外の状況に振り回され続けた2011年春のマラソン遍歴。
僕は何だかブルーになりつつあったのだけれど、夏以降、潮目が変わった。
https://www.youtube.com/watch?v=lY4j9KoEtA0:MOVIE
(以下続く。)

*1:フルマラソンを4時間以内で走破すること。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ