読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

嬉しいけれど悩ましい、次シーズンのマラソン出走計画

スポンサーリンク

フルマラソンのシーズンは、基本的に秋から春。
気温とレースタイムは如実に連関している*1ため、勝負レースは、遅くとも4月中旬あたりまでとなるのが普通だ。
僕の場合も、毎年、4月のかすみがうらマラソンフルマラソンの締めと考えている。
その後、5月末の山中湖ロードレース(ハーフ)を経て、6月末のサロマ湖100kmウルトラマラソン(ウルトラ)でフィナーレ。僕のマラソンシーズンは一区切りとなる。
ただ、ここから先もそんなに休むわけではない。次シーズンの秋にしっかり結果を出すためには、夏場の走り込みが重要。当然ながら夏は暑くて、練習も厳しいけれど、このレースがあるから、走るモチベーションを保つことができる。


ホーム | 2015北海道マラソン:

そう。北海道マラソンだ。
8月末。炎天下の札幌地区を走るレース。例年気温は30℃近くなり、日本で一番厳しいフルマラソンとも言われるレースである。
しかし、僕はこのレースが大好きで、今年は5年連続5回目の出場になる。レース中は、本当に暑くてつらいけれど、それがいい。どこまでもどこまでも続く給水所。ストイックに走れる新川通り。最後に待っている北大構内。どれも本当に魅力的だ。
このレースをステップに、毎年、僕は秋の勝負レースに挑んでいる。
去年は10月末に転倒して胸を打撲、秋のレースを全て棒に振ってしまったため、その借りを返すべく、今年は色んなレースに申し込みしまくった。
しかし、その結果、ちょっと悩ましい事態になってしまっている。
秋の第一弾は、去年出走断念で泣いた…


福岡マラソン2015:

福岡マラソン。
一昨日のエントリーで書いた通り、2年連続の抽選突破。本当に嬉しい。
大阪マラソンに5年連続で落選し、やっぱり抽選レースは厳しいと思っていた矢先のことだっただけに尚更。
そして。


さいたま国際マラソン:

さいたま国際マラソン。
記念すべき第1回大会に出場できるのは嬉しい。RUNNETでの発売開始から20分程度で定員になってしまったので、何とか出場権利を得られてよかった。
ただ、問題は、レースが福岡マラソンの翌週、ということ。僕はこれまで、フル2週連続というのを経験したことがない。おそらく走れるとは思うけれど、タイムを狙えるかというと、ちょっと難しい気がしている。
さらに。


大田原マラソン大会【公式】:

なんと、大田原マラソンはその翌週だったw
3週連続フル!
自ら撒いた種とはいえ、刈り取れるか不安になってきた。大田原マラソンは、タイムを狙える勝負レースなのだけれど、3週連続フルだと、いくらなんでも厳しい。申し込み争奪戦に負けたくなかったとはいえ、無計画にもほどがある。
ということで、全国各地のフルマラソンに出られるのは嬉しいけれど、悩ましさも募っている。
福岡やさいたま国際は観光ランにして、大田原を狙うという手も考えたが、福岡はともかくとして、さいたま国際は4時間制限なので、のんびり走っていられない。
それに、大田原は風が強くてタイムを出せない時もあるので、その前のレースでもタイムを狙いたい気分もある。
僕は、レースでは常に本気で走ってしまう性分なので、3週連続は燃え尽きてしまうのではないかと不安だ。
さらに、別の悩ましさもある。
折角北海道や福岡まで遠征するというのに、今のところ、レース翌日に休めそうにないことだ。
それどころか、土曜出勤後に現地へ向かうことがほぼ確定している。
ドタバタで遠征して、レースを走って、ただ帰ってくるだけ。レース自体は楽しいと思うけれど、なんだかとっても勿体ないなぁ。
うーん…。

*1:暑くなれば暑くなるほど、タイムを狙うのは厳しくなる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ