読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

緩やか糖質制限中…。

スポンサーリンク

北海道マラソン出走後、ふと、糖質制限をしようと思いたった。

Jawbone UP効果で、6月初旬に59kgぐらいあった体重は、8月下旬までに55kgまで落していた。目標は55.5kgだったし、夏の大目標レースが終わったので、体重を意識するのもいったん一区切り…と思っていたが、心が変わった。

折角だから、秋の本格レースシーズン前に、もう少し体重を落としておこうと考えた。もともと僕は細身な方だけれど、フルマラソンの場合、体重を落とせば記録に繋がる可能性が高くなるからだ。

ということで、巷で流行の(?)糖質制限を試しに行ってみることにした。糖質制限を行って、見違えるように痩せた友人もいたので、その経験談なども参考になった。
ただ、僕の場合は、糖質制限といっても、それほど厳密には行わなかった。夜明けランのエネルギーが出なくなってしまっては元も子もないので、基本的には、「朝と夜の主食を抜く」ことだけを意識した。

昼は社食のため、主食を抜くのは難しいし、頭が働かなくなる懸念もあったので、普通にご飯を食べた。また、夜明けのランニング前後には、軽めに糖質を補給するようにした。

夜も、主食を抜いた上で、焼き鳥、焼肉、野菜炒めなど、糖質の少ない食品を中心に食べていたが、大好きな「餃子」と「チヂミ」だけは例外。これだけは、我慢せずに時々食べることに決めた。あまりガチガチでは、心が折れる可能性もあったので、この作戦は成功だったと思う。

で…1ヶ月が経った。

なんだかんだで、53.1kgまで体重が落ちたから驚きだ。

食事量はそれほど落としていないので、空腹感はなく、それでいて、明らかに身体が軽くなった気がする。

いったん53kgまで落ちた時、少し揺れ戻しがあったが、そのあとまた53kg台まで落ち、ここ1週間は安定している。

体脂肪量の推移。

どんなに体重が落ちても、体脂肪率は5%で下げ止まっている。これは推測だけれど、僕が使っている体重計での体脂肪率測定下限が5%のような気がするので、できれば、他の体重計でも測ってみたい。

朝食や間食などで主にお世話になったのは、ローソンの実りベーカリーシリーズ「健」。このシリーズには、低糖質を意識したパンが多く、手軽に入手できて美味しいので、本当に重宝した。

ただ、最近はそればかり続いていて、ちょっと飽き気味でもあった。

ということで…。(以下続く。)
Twitter Button twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ